ハワイアンフラとは?歴史や特徴を徹底解説!

女性の趣味として根強い人気のハワイアンダンス(フラ)。名前は知っているけれど詳しくはよく分からない。そんな方のためにフラの魅力を、最近話題のポリネシアンダンスと比較して紹介していきます。

ハワイアンダンス(フラ)とは?

フラとはなにか

フラとは、ハワイの伝統芸能であるダンス楽器の演奏などをひっくるめた総称です。

日本の歌舞伎などとよく似ていますね。

フラは特にダンスが有名で、フラのダンスをフラダンス、またはハワイアンダンスと言います。

フラの持つ側面

フラは芸術であると同時に宗教儀式という側面も持ちます。

また、昔のハワイの人達は文字を使用しませんでした。

そのため物事をダンスによって表現していたと言われていて、自分たちの歴史伝説などを後世に伝えるための手段としても使われていたと考えられています。

カヒコとアウアナ

フラは大分すると伝統的なスタイルのカヒコと、カヒコを現代風にアレンジしたアウアナという2つの流派があります。

日本人がフラダンスと聞いてイメージするダンスはアウアナです。

アウアナは愛や恋などの情緒的な気持ちを表現したダンスが多いです。

一方でカヒコはより宗教色文化色が強く、自然や生き物、大地や海などの自然自然現象を表現していたり、神への捧げもののダンスというイメージです。

日本においても本場ハワイにおいても長年アウアナの方が主流で、カヒコを踊る人は少なかったと言われています。

しかく近年、ハワイにおいて、自分たちの文化を見直そう!という気風が高まり、カヒコを踊る人が増え、その影響で日本でも、カヒコを踊る人や教室が増えています。

フラの歴史と、ポリネシアンとの違い

ハワイの人々の先祖は?

ハワイの人々の先祖は、ポリネシア(オーストラリアや東南アジア付近の島々)の人達だと考えられています。

ポリネシアの人々は新たな土地を求めて旅に出て、タヒチやモアイで有名なイースター島ハワイにたどり着きました。

新天地に到着したポリネシア人たちは、自分たちのダンスの文化を新天地の文化や自然などと融合させ、新たなダンスを生み出していきます。

このように、ポリネシアの人々が移住し、生み出したダンスを総称してポリネシアンダンスと言います。

だから厳密にいえば、ハワイアンダンス(フラ)もポリネシアンダンスの一種であると言えます。

ハワイの人々の先祖は、タヒチからやってきたという事が分かっています。

昔のハワイの人々は文字を持たないため、まだ不明な点も多いですが、フラは移住してきたタヒチの人々のダンス、すなわちタヒチアンダンスと、ハワイの自然、ハワイの人々の神や神聖なものへの思いが融合して現在のフラが誕生したと考えられています。

現在は男女問わず踊られているフラですが、昔は非常に神聖な儀式とされ、ごく一部の選ばれた男性が神殿で踊っていました。

フラは言葉を持たなかったハワイの人々の文化を伝承する手段であったため、一つ一つの振り付けや動きの中に意味が込められています。

このため、フラを踊る者には、それらの理解が求められ、なんと厳しい試験まで存在したそうです。

消滅の危機と復興

このようにしてハワイの人々に大切に踊られてきたフラですが、消滅の危機に瀕します。

ハワイは19世紀初めにアメリカによって発見され、アメリカ領となります。

この際ハワイの人々は、キリスト教を布教させる妨げとなるため、それまで信仰していた自然の神様への信仰を捨てるように求められます。

そして、宗教行事でもあったフラも同時に禁止されてしまします。

以後50年ほど禁止されるフラですが、映画の影響でハワイがリゾートとして有名になるにつれて注目され、今日ではアウアナを中心に次第に世界中で踊られるようになりました。

また、1970年代に少数民族の文化勃興の機運が高まり、その際にハワイでも先住民の文化勃興のムーブメントが起こりました。

この時、カヒコが注目されて徐々に復活を果たし、今日では世界大会が開催されるまでになりました。

フラの特徴-タヒチアンと比較して-

先述のとおり、フラはポリネシアンダンスの一種です。

フラと同様に有名なポリネシアンダンスとして、近年タヒチの伝統的なダンスであるタヒチアンダンスが話題となっています。

そこでタヒチアンを比較材料として、フラのダンスとしての特徴を紹介していきます。

共通点

まず、フラはタヒチアンを起源としているため、違い以上に共通点が多いです。

共通で使われる楽器としては、木から作られる打楽器であるトエレ、マラカスによく似ていて鳥の羽で装飾されているウリウリ、竹を棒状に加工した打楽器のプ・イリ、ヒョウタンのなかまの植物から作られた打楽器であるイプ、ココヤシの実から作ったドラムであるプニュウ、ココヤシの木とサメの皮から作ったドラムであるパフ・フラ、叩いて使用する小石であるイリッイリなど、数が多いです。

相違点

一方でリズム音楽に関しては違いが見られます。

フラはゆったりしたステップを多く用い、柔らかさ姿勢が重視されます。

他方タヒチアンダンスはドラムのビートに合わせて腰や体を激しく動かす情熱的なダンスが特徴です。

一見タヒチアンダンスの方が難しくてフラは簡単なのかなと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

タヒチアンダンスの方が運動量が多いので、その分汗をかきます。

新陳代謝が良くなり、脂肪の燃焼も期待できます。

当然くびれ引き締まった身体を作ってくれるので、体力には自信があるという方や、短期間で美しい身体を作りたいという方にはタヒチアンダンスがおすすめです。

その一方でフラには激しい動作がありません。

しかしだからといって簡単な訳ではなく、フラにはフラ奥深さがあります。

正しい姿勢を常に意識しないと上手く踊れないため、姿勢が自然と綺麗になります。

また、同じ姿勢をキープし続けることによりインナーマッスルが鍛えられ、太りにくく痩せやすい身体を作ることが出来ます。

激しい運動をしないために運動が苦手な方ダンスを始めて習うという方でも気軽に始めることができ、年齢を重ねても続けることが出来るので、人生を通しての趣味として楽しむことができるのもフラの魅力です。

だから筋力や体力に関係なく、マイペースに長い時間をかけて自分の技術を磨いていく事ができるという所にフラの魅力があります。

また、フラのステップや用語には普段あまり耳にすることのないハワイ語が多用されています。

習う中で、新しい言語に触れることが出来る点もフラの魅力のひとつです。

フラを体験してみよう

最後に、ほんの少しですがお家でできるフラ基本的な動きステップを紹介します。是非お家でチャレンジしてみてください。

ストレッチ

まず始める前に、全身をストレッチでほぐしてください。

特に腕や足の関節は念入りにストレッチを行ってください。

ストレッチを行うことで、身体がしなやかに動くようになってより綺麗に踊れるほか、脂肪も燃焼しやすくなります。

また、ケガの予防にもつながります。

基本の姿勢

では本題に入ります。

フラにおいて一番大事なのが基本の姿勢です。基本姿勢をとってみましょう。

背骨を曲げずに腰を落として、少しひざを曲げてください。

フラを踊る際、この姿勢をキープしつづけるのが大切になります。

背筋をしっかり伸ばしたまま、腰に両手を当てます。

この時、親指だけ腰の前に、残りの指を後ろ側にくるように置き、胸が閉じ過ぎないように、肩甲骨を開くことを意識します。

足と足の間は5センチほどをキープし、背中が曲がったりお尻が出すぎたりしないように気を付けます。

実際に行っていただければ分かると思いますが、結構腹筋が必要になり、この姿勢を1日10分、テレビを見ながらでも行うだけでインナーマッスルが鍛えられますし、脂肪も消費されます。

ステップ

基本姿勢ができれば次はステップです。

まずカホロというステップを紹介します。

基本姿勢から左右どちらかに腰を振ります。

この時に前に出た方と反対側の足を前に出します。

要するに腰と足がクロスした状態を作ります。

次に、前に出た足に体重を残しながら反対の足を出し、両足を揃えます。

この過程を左右どちらか同じ足で2回行い、その後に反対の足で2回行います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はタヒチアンとの比較を中心に、フラの歴史や基本から初歩的なステップまでを紹介しました。

本文でも触れましたが、フラは単なるダンスではなく、古代の文字を持たないハワイの先住民の方々の自然や愛、神など、身近な様々な物に対しての感情や感謝の表現手段です。

音楽やステップもハワイの自然に即しており、成立の過程もハワイの歴史を色濃く反映しています。

まさにフラとはハワイの文化そのものであり、フラを学ぶということはハワイの文化、歴史、精神を学ぶということでもあります。

勿論ダイエット効果も抜群で健康維持に役立つことは言うまでもありません。

ゆったりとしたステップを用いるので筋力的な負担は軽く、自分のペースで楽しくダイエットができます。

高齢になっても続けることができるので、生涯の趣味として楽しむことができます。

場合によっては親、もしくは子、孫と世代を超えて楽しむことができる趣味でもあります。

インナーマッスルや体幹も鍛えられるので、高齢の方の日常の運動としてもぴったりです。

最近は本格的なフラのスクール以外にも公営の文化教室公民館などでもフラのレッスンが日常的に開催されており、気軽に参加することができます。

料金体制も様々で、月謝制のスクールから、自由参加型で出席時に授業料を支払うレッスン、チケット制のレッスンなど、多様なレッスン体制から自分のライフスタイルに合ったものを選択することができます。

興味を持たれた方は是非、一度フラのスクールを覗いてみてはいかがでしょうか?

きっと今まで見聞きしたことがないハワイの文化を垣間見ることができますよ!

こんなフラダンス関連記事も読まれています

関連記事

フラダンスを始めよう!迷えるハワイアンの衣装選びQ&A

メリー・モナークとミス・アロハ・フラについて知りたい!

日本全国のフラダンスショーをエリアごとに紹介

ワイキキでハワイの伝統的なダンス、フラダンスを体験・鑑賞しましょう!

フラのカヒコとアウアナの違い、そしてカヒコの歴史について

古典フラってどんなの?古典フラであるカヒコをご紹介!