名前だけでは想像できない?フラで使われるハワイ楽器を紹介&解説!

国や地域ごとに豊富な種類が存在する楽器、当然ハワイにも個性豊かな楽器が多数存在しています、今回はフラで使われるハワイ特有の楽器を中心に、「イプヘケ」や「ウリウリ」等をはじめとしたフラ楽器を徹底解説します。

「瓢箪打楽器」イプヘケとは?

(イプヘケの使い方解説動画)

イプヘケ(ipu heke)とは、ひょうたんを用いて作られた楽器です。イプ(ipu)はひょうたんを意味し、ヘケ(heke)は「一番の」「上の」という意味があり、イプヘケとは上にイプがついているイプという意味になります。

ひょうたんの中身を掻き出した物を2つ重ねて、上の小さいイプに穴を開けて作る簡素な楽器、形はそのまま穴の空いたひょうたんです。底を床に打ち付けたり側面を手で叩いて音を出す打楽器であり、クムフラが使用する楽器の一つです。

ひょうたん1つで作られたものは「イプ」と言います。こちらは1つのひょうたんの頭(ひょうたんの括れの上側辺り)を切り落として作られます。こちらはダンサーが踊りながら叩くことでリズムを刻む楽器です。イプヘケは主にフラの伴奏に用いられ、ハワイ特有かつウリウリと共にハワイを代表する楽器です。

「ハワイアン・マラカス」ウリウリとは?

(ウリウリの握り方解説動画)

ウリウリ(`uli`uli)とは、ココナッツやひょうたんの中に種などを入れて振ることで音を鳴らす、シェイカーと呼ばれる打楽器の一つです。ウリウリには花を模したかのように赤い羽根が取り付けられており、両手に持って「ガラガラ」という音を鳴らしている姿はフラでも印象に残りやすいのではないでしょうか?

標準的な色合いは中央が黄色でそれを赤色の羽が囲うもの、それ以外にも茶色の羽根が使われたりもします。構造としては種などが入った部分が下で持つためのグリップを中央、その先に羽を取り付ける平らな部分があります。

楽器としての使い方も作り方も、サンバなどでシャカシャカと小気味良い音を響かせるマラカスと共通していますね。これもまたイプヘケと同じくハワイを代表する楽器です。

「踊り用竹スティック」プイリとは?

(プイリ解説動画)

当然フラに使われる楽器は2つだけではありません。プイリ(pu’ili)とは、竹を素材として作られたおよそ50cm程度の長さで作られたスティックタイプの打楽器です。こちらもウリウリのように両手に持ち、プイリ同士を交互に叩きながら音を出したり、自分の肩や手足を叩いたり隣の人の持つプイリを叩いたりして音を出します。

こちらは「シャンシャン」といった竹特有の軽快な音が特徴です。日本では拍子木と呼ばれる両手に堅い木材を持って打ち付ける音具がありますね、「火の用心」の掛け声の後に「カン、カン」と鳴るあれです。

音を鳴らすイメージとしては概ね合ってはいますが、プイリはフラダンスという「踊り」で使われる楽器です。舞い踊りながらリズムに合わせ軽快な音を出す必要があるため、他二つの楽器よりも難しい楽器といえます。

フラを彩るその他の楽器の種類

以上の4つ、「イプヘケ」「イプ」「ウリウリ」「プイリ」がフラで主に使われる楽器です。ですが他にもまだまだフラ楽器は存在します!

「パフ・フラ(pahu.hula)」

https://www.youtube.com/watch?v=ksxUSe_W7lQ

(パフ・フラの解説動画)

中には現代フラへと移り変わる時代で忘れ去られてしまったものもあります。まずは「パフ・フラ(pahu.hula)」、パフはドラムの意。これはチャンターが使う太鼓であり、ココヤシの木を材料として中をくり抜き、サメや牛の革を張って作られています。外観のイメージとしては短い丸太の上に革が張っており、下には籠のような土台が取り付けられているといったもの。似たような打楽器であるコンガやジャンベ同様両手で叩くことで音を出します。

「プーニウ(プニュウ)(pūniu)」

(プニウのビジュアル動画)

プーニウ(プニュウ)(pūniu)」、これはウリウリと同じくココナッツの実を材料とし、実をサメの革で磨いたあと、ククイの油で更に磨くことでつやつやとした光沢が出ます。これに牛の革を張る事でドラムのような打楽器となり、完成したプーニウにつけた紐でダンサーの足に取り付け固定し、ティーの葉を乾燥させた紐で叩くことで音を鳴らします。また磨いたココナッツの殻を半分にして片手に1つずつ持ち、シンバルのように打ち付ける事で音を鳴らす楽器として「ニュウ(niu)」もあります。

「イリイリ(`ili`ili)」

イリイリ(`ili`ili)」、意味は「たくさんの小石」であり、これは楽器としては非常にシンプルです、両手に2つずつ小石を持って4つ1セットでカスタネットの要領で打ち合わせることで音を出します。持ち方は親指と人差し指で1つ挟み、中指と薬指でもう1つの石を挟みます。

「カラアウ(kala’au)」

そして「カラアウ(kala’au)」、これは木の破片や木の棒を2つ持って叩くことで音を鳴らす楽器で、プイリとは別の楽器として扱われます

「プー(プウ)(pū)」

(プーを吹く男性)

最後に「プー(プウ)(pū)」、巻き貝を使った楽器でイメージはそのまま日本の法螺貝。戦国時代の合戦時に吹くものをイメージして下さい。

ただし相違点としてプーは鼻を使って音を鳴らす鼻笛ということがあげられます。大きさとしては小さめですが、その小ささからは想像もできない音が鳴り、3km先まで音が聞こえると言われています。元々は儀式の開始の合図に吹くもので、この点も日本の法螺貝に通じるところがありますね

「オヘ・ハノ・イフ(ohe Hano Ihu)」

他にもちょっと特別なハワイ特有の楽器として「オヘ・ハノ・イフ(ohe Hano Ihu)」というものがあります、これもプーと同じく鼻笛というもので、外観や使い方のイメージはフルートが近いです。

この楽器は恋人相手に使われていたという楽器で、鼻を当てる部分と指を当てる部分の計3つの穴が開いています。恋人への愛を伝えるための楽器であり、演奏スタイルもハワイのキスを思わせるもので、軽く息を送ることで軽やかな音色を響かせます。

フラと言えばこれも忘れてはいけないいけない!ハワイで進化した楽器、ウクレレとは?

(クイーンの名曲、ボヘミアンラプソディをウクレレ一本で弾くジェイク・シマブクロ)

ここまで数々のフラ楽器について解説してきましたが、現代フラには欠かせない楽器がもう一つあります。そう、「ウクレレ(ukulele)」です。古くは19世紀後半にポルトガル人から伝わり、ハワイ原住民が発展させたと言われるこのウクレレは、現代のフラであるモダン・フラで使われることがあります。

主にフラの伴奏として用いられ、フラのみならずハワイアン・ミュージックにおいて広く使われています。ハワイや南国といえばアロハシャツを着た人が陽気にウクレレを奏でているイメージが思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。ウクレレは当初ハワイでは「ピラ・リイリイ」と呼ばれており、意味は「小さい弦楽器」です。

現在のウクレレという名称になったのは、ポルトガル系の移民たちが出迎えてくれた大勢のハワイの人達の前で「ブラギーニャ(braguinha)」と呼ばれるウクレレの原型たる楽器の演奏を披露したことで、その演奏スタイルを見たハワイの人々は、軽やかな指の動きを「蚤(ウク)が跳ねて(レレ)いるようだ」と表現し、現在のウクレレという名称に変化していったという説があります。

また、ポルトガルからリリウオカラニ女王がもたらされたことにちなんで「ウク(ハワイ語で贈り物)レレ(やってきたという意味もある)」を組み合わせ、「やってきた贈り物」という意味でウクレレという名前になった、という詩的解釈が1つの説としてあるようです。現在のウクレレはハワイでブラギーニャが改良されていった姿であり、現代では高級なものにはハワイ特産のコアの木が材料として用いられています。

現在のフラで用いられる楽器の中で唯一の弦楽器であり、ギターより手軽とはいえ頭一つ抜けてお高い楽器です。ちなみにウクレレが現代のフラで使われるよりも昔に存在していた弦楽器として「ウケーケー(`ūkēkē)」というものがあり、これは薄く15cmほどの長さの木の板に椰子の実から作られ、紐で弦が張られた小型弦楽器であるウクレレよりも更に小さいもので、現在では殆ど使われておらず、ビショップ博物館にて展示されているとのことです。

他にも「ニーアウカニ(nī`au Kani)」という弦楽器も存在していたようで、こちらはハワイアン・ミュージックの曲名の1つとして存在しているため、聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この2つの弦楽器の代わりに現代フラ代表の弦楽器として名を広めたウクレレ。ポルトガル人がハワイへの移民登録を行った日である1879年8月23日にちなんで、8月23日は「ウクレレの日」と定められており、今やウクレレは立派なハワイ楽器として活躍しています。

まとめ

出典元:amazon

今回、様々なフラ楽器を紹介・解説してきました。中には現在では殆ど使われていないものや、特定の曲でのみ使用する楽器などがありますが、それらを含めてハワイ特有の楽器には1つの大きな共通点があります。それはハワイの自然をそのまま楽器にしたような、シンプルで素朴な作りです。

古くからある楽器も、時代を経て現代に至るまで様々な進化を遂げ、科学由来の素材で作られている物も多く存在します。ですがハワイは古来からの自然豊かな環境を反映したかのような、自然由来の温かみを感じる楽器が多く存在しています。故にウクレレ等の一部を除き楽器自体はとても安く、基本的に高い楽器と違いとっつきやすいというメリットが存在します。

特徴的なダンスに目を惹かれるフラ、そのダンスを引き立て1つの芸術として完成させているフラ楽器や演奏者を、一度体験してみるのもまた1つの楽しみ方でしょう。フラ入門編としても、ダンスを極める道の1つとしても、はたまた楽器制作という物作り趣味の1つとしても、フラ楽器はお手軽かつ伝統を感じられる良い素材と言えます。

本場ハワイでは現代フラを見直そうという傾向があるようで、もしかしたら歴史の中で自然と消えていった昔のフラ楽器が再び使われるようになるかもしれませんね。

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

フラの用品ごとに激安ネットショップ12選

フラダンスを始めよう!迷えるハワイアンの衣装選びQ&A

厳選!日本全国のおすすめ地域別フラダンスショップ12選

フラダンス最初の一歩!ステップをマスターしよう

フラダンスで使用する衣装のドレスや装飾品について知ろう!

フラを引き立てる小物や南国情緒溢れるハワイアン雑貨を紹介!