古典的フラ「フラ・カヒコ」を知ってますか?

フラ・カヒコとは古典的フラのことです。現代のフラ「アウアナ」とは異なり、自然信仰としての宗教的側面や王を讃える意味や歴史を継承するための手段でもあり、ハワイの歴史を支えてきたフラです。そんなフラ・カヒコはアウアナとは異なり深い歴史をもつ伝統芸能です。そんなフラ・カヒコの歴史や衣装やチャンティングに関して、詳しく掘り下げてご紹介いたします。

フラ・カヒコとは

 

フラには大きく分けて2つのスタイルがあります。一つは現代フラの「アウアナ」。日本のフラ教室などで教えているのはほとんどが「アウアナ」で、ウクレレやギターなどの楽器で旋律のあるメロディーにのせて華やかな衣装で優雅に踊るスタイルのフラです。

一方、古典的フラの「カヒコ」はイプ(ひょうたんで作った太鼓)やパフ(ココヤシなどの幹でつくった太鼓)などの打楽器のみを使用し、リズムにのせて詠唱「チャント」を唱えながら踊ります。フラ・カヒコは宗教的な意味を含む神話や伝説などを起源としています。その唱の中にはハワイ王朝への礼賛の意味や、自然や大地への思いなどが込められ、ハワイの伝統と歴史の中で詠い継がれてきました。

フラ・カヒコは宗教的な踊りでもあり、マラエ(祭壇)で神様へ奉納することもあります。踊りの冒頭では神聖な雰囲気の中、神々を讃えるチャントが唱えられます。神や王族に捧げたり、戦いの勝利への祈りなどを目的とするカヒコはイプやパフのリズムに合わせて荘厳で厳粛な雰囲気の中で踊られます。

かつてはフラの訓練を受けた男性だけが踊るものでしたが現代では女性がカヒコを踊ることもあります。日本のフラ教室ではほとんどカヒコを踊ることはなく、アウアナだけを習うことが多いようですが、ハワイではまずカヒコをフラの基本として学びます。それほどカヒコはフラを知るためには大切な歴史の一部なのです。

フラの歴史 始まりと衰退と復興

(画像はハワイ王国七代国王デビッド・カラカウア)

 

かつてハワイを含むポリネシア諸島には文字がありませんでした。「フラ」はそんな文字を持たないポリネシアの人々が神々への崇拝の表現や歴史を後世に伝える手段として生み出したものです。

人々は大地や自然などすべての物に「マナ(精霊)」が宿ると考え信仰し、フラを踊って神々に捧げました。また神話によると女神ラカが世界で初めてフラを踊ったとも言われています。女神ラカがハワイ諸島のモロカイ島の洞窟で踊ったことがフラの起源とも言われ、今でもラカはフラの守護神とされています。

そんなフラは文字を持たない時代のハワイで、歴史の継承のためという大切な役目もありその踊りはチャント(詠唱)の意味を体で表現するためのパントマイムのような踊りだったそうです。そのため当時のフラは誰もが踊れるものではなく、選ばれた人間が特別な訓練を受けて初めて人前で踊ることができるようになるという、とても厳しいしきたりがありました。

フラの先生が踊りの才能や容姿をもとに若い男女から数名を選び、女神ラカを信仰する寺院で厳粛な規律のもと生活しながら、数々のフラを習得していき、卒業して初めてフラの踊り手として認められたのです。その当時の厳粛なスタイルのフラが今の古典フラと言われる「カヒコ」です。その時代のフラはハワイの芸術であり、歴史を継承する手段であり、神々への信仰の表現でもあり、とても大切に継承されていきました。

しかし、世界で近代化が進む中、1779年に英国の船団がカウアイ島に上陸し、交易の拠点となったハワイも近代化の影響を受けることとなりました。ハワイ王朝が誕生したころ、アメリカから訪れた宣教師はフラをキリスト教の脅威となる行為であると考え、カメハメハ二世にフラの禁止令を出すよう命じました。フラは自然崇拝の表現であり野蛮で淫らなものとして、約50年間もの間禁止され衰退していきました。

その後、芸術を愛し国民からも愛されたカラカウア王(ハワイ王国七代目君主)が1874年にフラの禁止令を解き、宮殿にダンサーを住まわせたり、客人が来る度にフラダンスを披露するなどフラ復興への道を歩みだしました。その頃、西洋文化の音楽を取り入れ、ギターやウクレレで奏でられるハワイアンミュージックが生まれ、その音楽にのせて踊る自由なスタイルのフラ・アウアナが生まれました。

しかしその後、1848年には「グレート・マヘレ法」によりハワイは白人に土地を奪われ、1893年にはリリウオカラニ女王がアメリカ人勢力によって退位させられ、ハワイ王国は歴史の幕を引きました。そしてアメリカ準州となったハワイではハワイ人はハワイ語を捨て、フラは衰退の一歩をたどりました。しかし、1970年代に失われたハワイの文化と芸術を取り戻すための「ハワイアン・ルネッサンス運動」が起こりました。

その運動の中でハワイの人々はフラの復活のための活動を行い、歴史の波にのまれ消えてしまいそうだったフラ・カヒコも復活しました。そんな中、「メリー・モナーク・フェスティバル」が1971年に競技形式に変更となった時に、フラは現在のようなカヒコとアウアナの2つのスタイルに分けられるようになりました。

フラ・カヒコとアウアナの衣装の違い

 

華やかでデザインも自由なムームーやスカートを着て踊るアウアナと異なり、カヒコの衣装はとても地味な印象かもしれません。フラ・カヒコは厳粛で神聖な踊りなので、踊る時は化粧を落とさないといけないし、貴金属などの装飾品は決して身につけてはいけません。神に捧げる踊りにふさわしい精霊の力(マナ)を宿す自然の植物をまとうことが基本です。

定番とされるのはティーリーフスカートです。ティー(Ti)とはハワイに多く自生している植物で長細い葉で魔除けの力を持つ神聖な植物とされています。かつてハワイの神様であるロノやフラの神様と信仰されているラカに捧げられた植物でもあります。キー(Ki)やイー(Lei)と呼ばれることもあります。そんなティーリーフを100から200枚ほど集めてスカートにしたものがティーリーフスカートです。神聖な儀式にふさわしい、神の力を宿したアイテムです。

ではトップスにはどんなものが適しているのでしょうか?かつてフラ・カヒコは男性が上半身裸の状態で踊っていました。なので、できるだけ裸の色に近い暗めの黄色や土のような茶色やシンプルな白などのTシャツパウブラウスなどが適しています。ハワイの女性ではココナッツの身から作ったココナッツブラを身につけて踊る方も少なくありません。フラ・カヒコではマナと言われる自然の力を引き出すため、自分の手で作ることが大切という考え方あります。

ティーリーフスカート以外にも、植物を材料としたレイを自分で作って身につけることでよりマナの力の恩恵を得ることができると考えられています。レイに使われる植物としてはティーリーフだけでなくシダの葉などもポピュラーです。レイクペエという手足用のレイは手足、手首とで同じ種類の植物を身につけることが原則です。

正式なレイの付け方の順番は下からつけていきます。足→手→首→頭の順がベストです。そうすることで大地のマナを取り込みやすくします。レイを付ける時には大地に感謝し、自然の恵みを讃えて「Ke Lei Maila」を詠います。自然に感謝して植物の力を感じながら心を込めて踊ることが大切です。日本ではティーリーフスカートを自分で作ることは難しいかと思いますが、最近では本物にそっくりなティーリーフスカートを通販サイトで購入することも可能です。

ナイロン製のものが多く、植物ではないので本物仕様ではないのですが、長持ちするというメリットもあります。自分で頑張ってティーリーススカートを作りたい場合は、まず花屋さんや市場などでティーの葉を購入します。必要な枚数はウエストのサイズにもよりますが28インチの人だと120枚くらいが目安です。そして買ってきたティーリーフの全ての葉の芯を抜き、茎の部分を薄く削っていきます。そうして下準備ができた葉を太めのロープに緑色のひもで結んでいきます。床に置いて葉の長さを揃え、全体に均一に水を吹きかけ、パレオで巻いた上から更にビニールで巻き、冷蔵庫で保管します。約一ヶ月程度は保存できます。

慣れれば1時間程度で作れるそうですが、初心者には大量の葉を目の前にすると気が遠くなるような作業に思えるかもしれません。でも自分で作った本物のティーリーフでカヒコを踊れば、より神聖な気持ちになり、神事にふさわしい厳粛な雰囲気を醸し出せるはずです。

カヒコのチャント(詠唱)に込められた深い思い

 

古典フラのカヒコのチャントは文字を持たないかつてのポリネシア人にとって、歴史を継承するための大切な手段でした。またカヒコは自然に宿る神々を崇拝するための神事であり、王を讃え、戦いでの勝利を祈るための手段でもあります。

そんなカヒコのチャントにはとても深く大切な意味が込められていて、その言葉は一言一句変えることはできない厳格なものです。ダンサーは必ず丸暗記して意味を理解して、正しい発音でチャンティングしながら踊らなければなりません。

またカヒコにはメレ・オリ(踊りの前に唱えるもの)とメレ・フラ(踊りと共に唱えるもの)があります。メレ・オリにも様々な種類のものがあり、特有の使い方がります。植物を刈り取る時に植物に感謝するものや、レイを身につける時に大地の恵みの力に感謝するもの、フラの女神ラカに捧げるためのものなどです。雑念を払って、神聖な気持ちでメレ・オリを唱えることで自然のエネルギーを感じることができます。

チャントは古来より口承で伝えることを原則とし、録音などは御法度とされ、さらにキリスト教による弾圧により多くのチャントが失われてしましました。ハワイの伝説や神話を伝えるメレ・フラは打楽器のリズムに合わせてチャンティングされることが多く、歌い手は歌詞やリズムにあった独特の詠唱法で詠います。カヒコのチャントに使用される楽器はリズム楽器が基本で、様々な打楽器が使用されます。

その中でも代表的なものがパフ・フラと呼ばれるドラムです。ヤシの木をくり抜き、彫刻を施し、鮫の皮を貼って作られたものです。その他にもヒョウタンで作るイプや鼻で吹くノーズフルートなど独特な楽器があります。カヒコで使用する楽器には神々が宿っていると言われ、壊れると魂が逃げていくと考えられているため、それらの楽器を使う人はとても大切に扱うそうです。

チャンティングには歌を歌う時とは全く異なる独特の技法や呼吸法があります。その技法を使ってチャンティングすると、体の中から湧き上がるバイブレーションが体の中の細胞を目覚めさせて高揚感を感じることができます。カヒコでは大勢で一緒にチャンティングすることもあり、その各々のエネルギーが一つとなって調和を生み出し大きな高揚感を感じるとも言われます。

この不思議な高揚感は実際にカヒコを体験したことのある人だけが感じられる特別な感覚かもしれません。

まとめ

 

日本でフラダンスというと、ウクレレの軽やかな旋律にのせて優雅に踊るアウアナ(現代フラ)のイメージが強いですが、カヒコには深い歴史的背景があり、ハワイの人々にとってはとても大切な踊りです。

アウアナのような派手さや軽快な楽しさは少ないかもしれませんが、その神聖な儀式としての意味や歴史を理解して踊ることで、自然のマナを感じることのできる不思議な力のある踊りなのかもしれません。

楽しければOKというイメージのフラ・アウアナと違いカヒコを踊るには踊り手には大変な努力と意気込みが必要になります。正しいハワイ語の発音でチャントを詠い、言葉を理解して、言葉を伝えるストーリーテラーとして踊る。かつて神聖な場所で長い時間をかけて指導者から特訓を受けてやっと踊れるようになったカヒコを日本人が踊るのは大変なことかもしれません。

でも、ハワイではフラを学ぶ際は必ずカヒコから学びますフラを本格的に学びたい人にとってはカヒコを学ぶことで初めてフラの基本を知ることができるのかもしれません。日本でもフラ・カヒコへの関心が高まり、フラの世界への理解が深まる日が来ることが楽しみでもあります。

 

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

動画もたくさん!本場ハワイで行われるハワイアン・フラの祭典

フラダンス上級者だからこそ知っておきたいフラのこと

フラダンスでよく使われる用語の意味をご紹介!

-18キロ減!?ハワイ発祥のフラのレッスンからダイエット成功!

フラダンスのレイにはそれぞれ深い意味がある

ハワイのフラダンスの全てを歴史を紹介!タヒチアンとの違いとは?