フラダンスのレイにはそれぞれ深い意味がある

フラダンスに必要な要素の一つであるレイは、カラフルな色の花をたくさん使うので選ぶのも作るのも楽しくなります。そのレイにもいろいろな種類があり、それぞれに深い意味が込められています。レイに込められた思いを知り、もっとフラを楽しみましょう。

レイの意味とは

 

フラははるか昔、火山の神であるペレの怒りを鎮める為に、妹であるヒイアカが捧げた踊りが始まりだとハワイでは伝えられています。その時にヒイアカがペレに赤いレフアの花飾りを贈ったことから、レイは神への供物とされてきました。このレイには感謝の気持ちや敬愛の念が込められています。レイを神の分身として、自然からマナを取り込む思いも込められています。

豊かな自然を取り込んだものにはマナが宿り、それらを編みこむレイは大地を愛する心や自然が秘める力を分けてもらうために使われてきました。レイを身につけることでそれに用いられた素材がもつ意味をその身に取り込み、またハワイの島々が魅せる深い思いを表しているのです。レイとは単なるアクセサリーの一部ではなく、ハワイの歴史や文化、祈り、思いなどが込められたとても深い意味を持つものだということです。今日では様々なシーンでレイが贈られます。

ハワイを訪れた人が空港やホテルに着いた時に、「アロハ!」の声とともにレイを首にかけてもらっているシーンがよくあると思います。これはハワイの歓迎の表現であり、他にも誕生日や卒業式、結婚式などでレイを贈る習慣があります。古代のハワイでは宗教的な装飾品であったレイですが、今日では感謝や愛情の表現として贈る場合が多いようです。

またレイが輪になっているのは、「ALOHA」の心がずっと続きますように、との願いが込められているからと言われています。現在では本来使われていた花や植物の数が減ってきているため、他で代用した材料でレイを作ることが多くなっています。本物の花から作られたレイを受け取ったなら、それは高い敬意を払われていると受け止めてよいでしょう。

ハワイの島によって、レイの種類と色が違う

フラダンスではいろいろな花を使ってレイが作られていますが、実はハワイの各島々ではレイの種類や色が違っていることを知っていますか。

まずオアフ島を表すのは「イリマ」です。色は黄色やオレンジです。当時は由緒正しき王族のみが身につけることを許されていました。

マウイ島を表すのは「ロケラニ」で色はピンクです。ハワイ語で「天国のバラ」を表しています。

ハワイ島を表すのは「レフア」で色は赤です。ハワイ島の宗教的儀式の時に使われる聖なる花です。

カウアイ島を表すのは「モキハナ」で色はパープルです。モキハナは花ではなく若緑色の小さな木の実です。山の奥でしか育たないのため、手に入れるのが難しいとされています。

ニイハウ島を表すのは「ププ」で色は白です。これはお米を意味する「ライキ」とも呼ばれる白い貝をさしています。この島の海岸固有種の、光沢のある小さな巻き貝で作られますが、主に使われるのがこのププとなっています。

ラナイ島を表すのは「カウナオア」で色はオレンジです。火の女神ペレがビーチに咲かせたという伝承もあります。

モロカイ島を表すのは「ククイ」で色は緑です。ハワイの州木でもあり、灯火や光という意味があります。

カホラヴェ島を表すのは「ヒナヒナ」で色はグレーです。ハワイ語で「銀剣草」、植物のシルバーソードを表しています。

以上、これらの花はオフィシャル・レイといい、1923年のハワイ議会で決定されたものです。それはサミュエル・カブ氏が作曲した島の唄の歌詞をもとに定められたとも言われ、各島の代表が会談する際には、この決まりでレイをつけることが慣習になっています。そして身につけるドレスもその色を使って作られます。衣装やレイ、髪飾りの色が合っているかどうかも大事なポイントです。

よく見るフラワーレイの種類

数あるレイの中でも、やはりフラワーレイは種類も多く見た目も華やかです。どんな種類のものがあるのでしょう。

まずは結婚式でよく見る「ピカケ・レイ」です。ピカケはハワイ語で孔雀を意味し、真っ白なジャスミンを用います。開花していない花を、数珠つなぎでつくります。ハワイ王朝最後の王位継承者であったカイウラニが愛した花として知られているため、結婚式で花嫁が身につけることが多いようです。またピカケ・レイを女性へ贈る時、その本数で意味が異なってきます。1〜2本だと友情、3〜4本だと恋、5〜6本だと告白、6本以上になると求婚の意味になるそうです。

出典:アマゾン

そして次は、結婚式で花婿が身につけることの多い「マイレ・レイ」です。ハワイの神聖な植物の葉を用いており、輪になっていないのが特徴です。

 

同じように植物の葉で作られたレイに「ティーリーフ・レイ」があります。食べ物の器として、またレイのラップとしても利用されており、心身を癒やして邪気を祓う力があるとされています。

 

果実を用いたレイには「ハラ・レイ」があります。山吹色のパンダナスの果実で作られており、始まりと終わりを表しています。卒業式や入学式などによく見られます。

また、日本でも知られるとてもポピュラーなレイに「プルメリア・レイ」が挙げられます。ハワイでは満月の夜明けにプルメリア・レイを作って好きな人に渡すことができれば、その夢が叶うという言い伝えがあるそうです。

また、プルメリアの5枚の花びらにはそれぞれ意味があるとされ、「ALOHA」の文字に込められた5つの意味にそれが当てはまるといわれています。ALOHAの最初のAはハワイ語で「思いやり」を意味する「Akahai」を表しています。Lは「協調性」を意味する「Lokahi」を表し、Oは「喜び」を意味する「Olu’olu」を表しています。Hは「謙虚」「素直な心」を意味する「Ha’a Ha’a」を表し、最後のAは「忍耐」を意味する「Ahonui」を表しています。

枯れることのない、リボン・レイ

 

生のお花や植物の葉などを用いたレイはとても華やかで香りもいいですが、残念なことに最後は枯れてしまいます。せっかくの美しいレイをそのまま残しておきたい、そんな中注目を集めたのが「リボン・レイ」です。

リボン・レイが誕生したきっかけは、レイの材料となるハワイの花や葉を保護するため、自然を守るための一つの方法としてでした。リボン・レイは支持され、現在では多くのリボンデザイナーが新しいデザインのリボン・レイを発表しています。そしてリボンだけでなく、紙や布、紙幣のレイなども登場しています。

子ども達に人気なのは、セロファンやネットなどにお菓子やおもちゃを入れたレイだそうです。またこれらは、自分で手軽に作れることも人気の一つです。まずリボン・レイの基本的な編み方に「ブレード」というものがあります。2色のリボンを使い、それぞれの先を輪にして片方の輪にもう片方の輪を差し込みます。

差し込まれた方のリボンの輪にしていない方を短いリボンの下から手前に持ってきて、折り返すように輪にしてもう一本のリボンの輪に通します。そして通された方のリボンを引っ張って締めます。この作業を交互に繰り返していくとブレード編みのリボン・レイが完成します。

もっと簡単に作りたいのでしたら、ペーパー・レイもおすすめです。紙で作った花をつなげていくだけですので、リボン・レイよりも手軽に作ることができます

好きな色紙に好きな形の花を書いてはさみで切り取ります。花びらの先を鉛筆などに巻きつけてカールさせるとより可愛らしくなります。これを作りたいレイの長さに合わせてたくさん用意します。あとは花の中心に穴をあけ、糸を通していくだけです。

花と花の間に緑色の紙で作った葉っぱを入れ込むとより華やかになります。また、子どもに人気のもらって嬉しいキャンディ・レイも簡単に作れます。透明のセロファンを用意し、細長くカットします。そこにキャンディを入れ、巻いていきます。キャンディの間をカラーモールやリボン等で結びます。終わったら輪っかにして完成です。

まとめ

フラダンスの衣装とともに存在感のあるレイですが、ただ美しいというだけではありません。それぞれの花や葉、実には深い意味があり、それはハワイの文化でもある「マナ」や「ALOHA」に大きく関わっていました。それぞれの意味を知ることで、レイへの見方、またフラのダンスが表現しているものへの関心も深まります。そして生のお花や葉などを用いたレイは、その用途が終わるとゴミになるわけではありません。

一度身につけたレイにはその人のマナが宿るといいます。それを捨ててしまったり誰かに譲ったりすると災いがふりかかってしまうのです。ハワイの人々は枯れてしまったレイは糸やリボンなどをほどいて花びらだけにし、海に流したり庭に埋めたりするそうです。特に海に流すことは、海の塩でレイのマナを清めることにもなるとされています。

それに抵抗のある人は、生花ではなくリボンやペーパーフラワーなどを用いてレイを作るとよいでしょう。材料は違っても、そのレイに込められるマナに違いはないといわれています。ぜひ自分に合ったレイを作ってください。

 

 

 

 

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ハワイのフラダンスの全てを歴史を紹介!タヒチアンとの違いとは?

厳選!日本全国のおすすめ地域別フラダンスショップ12選

フラダンス最初の一歩!ステップをマスターしよう

フラダンス上級者だからこそ知っておきたいフラのこと

フラダンスで使用する衣装のドレスや装飾品について知ろう!

フラダンスを始めよう!迷えるハワイアンの衣装選びQ&A