フラダンス最初の一歩!ステップをマスターしよう

ゆっくりした動きが多いフラダンスはカロリー消費・体型維持・骨盤の位置を正したり…と、エンジョイしながら美人をつくる!と注目を集めています。けれど、ステップが難しそうと二の足を踏んでいる方も多いのでは?まずは超基本ステップ「カオ」をマスターしましょう。

基本の「カホロ」を制する者がフラを制する!

手を腰に当てながらすり足で二・三歩移動してみるーーフラのモノマネ(?)をするときにしたあのステップが、そう「カホロ」なんです。フラのステップはすべて重心移動がポイントとなり、フラビギナーがはじめにコツンと頭を当てつけてしまう壁がカホロの重心移動かもしれません。

まずカホロとは、フラの基本=膝を軽く曲げた姿勢を保ちながら、なおかつ四拍子のリズムで左右二歩ずつ移動するステップです。カンタンに書き出すと「右足を横に出す→右足に重心を置く→すり足のイメージで左足を右足側に移動させる→左右の足をぴたりと合わせる」といった感じですが、これだとロボットみたいな動きになりますよね。

華美なフラダンスは違います。出した右足へと体重移動するときは【移動する前に左腰をクイッと上げる(すると、左足が自然と上がる)】。つまり、腰を使って歩く、ということです。実はカホロとは「歩く」という意味。足と腰が連動することで、流れるような美しいステップが生まれるのです。

ちなみに真横に移動するだけじゃなくカラダを斜め45度にして斜めに移動するなど、カホロのバリエーションはいろいろ。カホロを制しましょう!

基本の踊りを総ざらい!

せっかくですから主な基本ステップのことも勉強してみましょう。

【アミ】

アミとは蝶番やつなぎ目といった意味で、腰の動きといえるステップです。まずは腰を後ろに引き上げましょう。そして左腰に重心を置いたら、半円を描くようにゆーっくりと回し、右腰へと重心を移します。動くのは腰だけ、ご自身を中心としながら反時計周りで半円を描くのです。

【ヘラ】

左右の足を交互に斜め45度に出すステップです。重心を左足に置きながら右足を斜め45度に出す→基本姿勢に戻る→重心を右足に置き……の繰り返し。前に出した足はつま先だけをつけるのか、それとも足全体かについては、スクールの先生によって違うようです。

【カラカウア】

前後の動きとなります。左に腰を振って右足を一歩前に出し(重心は右足に)、右腰を振ってゆっくりと左足に重心を移しながら右足を元の位置まで戻します。この左右の繰り返しです。やっぱりフラは腰と体重移動が重要なんだなと実感するステップですね。最後に

【レレ】

は、まるで歩いているようなステップ。ただし一歩前へと踏み出した足ではないもう一方の足は、かかとを上げつつ腰も上げながら踏み出した足に体重を移動させる、という意外と難しいステップだったり。

フラのステップは言葉で説明すればカンタンですが、やってみるとこれがなかなか…と眉を八の字にするものが多いのも事実。それゆえ練習を重ねるごとに「正解に近づいてきた!」という喜びが、じゅわ〜っと心とカラダに広がるはずです。

ハンドモーションで情感たっぷりに踊りたい!

フラダンスを構成するのは「ステップ」と「ハンドモーション(手の動き)」のふたつ。そしてこのハンドモーションには、雨や風といった自然表現、愛や恋はたまた怒りなどの心情表現などが込められています。美しいフラを踊るには優雅なハンドモーションが不可欠!ここでは興味深いハンドモーションの意味を調べてみましょう。

【愛(アロハ)】

愛しい人をやさし〜く抱きしめるイメージで。広げた両手を胸の前でクロスします。

【大地】

手のひらを下に向けて両手を広げます。広大でおおらかな大地を瞼の裏に映してみて!

【花】

手のひらを上に向け、指先をきゅっとすぼめて花のつぼみを表現。そして前・斜めなどに動かします。

【雨】

まず両手を斜めに上げ、雨をイメージしながら指を小刻みに動かしながら斜め下までゆっくり下ろしていきます。

【太陽】【月】

実は太陽と月は同じ動き。両方の手のひらを頭上あたりに持っていきます(手のひらは外側に向くように)。このときには親指だけ他の指から離しましょう。シンプル・イズ・ベストな表現ですね。

いかがでしたか?もちろんハンドモーションはまだまだたくさんあります。ステップだけではダメ、ハンドモーションだけでもダメ。どちらも美しく表現してこそフランダンスの優美さを表現することができるわけですが、プラス感情たっぷり入り込んでいる「顔の表情」もこれまたマスト。なりきること、が重要のようですので、恥ずかしがっててはいけません。

形から入る?フラ用品をCHECK!

出典:amazon

「カタチから入る」というのは興味の原動力がおおきいといえるので大賛成です!基本ステップ・ハンドモーションときたら、お次はやっぱりファッションですよね?

「かわいい」や「美しい」を主なエネルギー源としている(?)女子にとってフラの衣装は胸きゅんもの。まず、なんといっても定番は

【パウスカート】。

ウエストにしっかりゴムがはいったギャザーたっぷりのあのスカートです。植物や花の柄が南国らしいカラフルなカラーに染められ、気分を上げてくれるだけじゃなく、ギャザーが腰の動きをさらに美しくみせてくれる効果あり。そんなパウスカートですが、足からはいてはいけないってことをご存知でしたか?フラダンスとは敬愛なる神へと捧げる踊りです。ですから足からはくなんて神さまに失礼である、という考えのようですね。頭からかぶってスカートをはくのが、正しい着用方法です。

【パウトップ】

トップスで揃えたくなる衣装です。パフスリープタイプのものやシャーリングのはいったチューブトップなど、こちらも種類豊富で悩むばかり。ロングワンピースのステージ衣装もかわいいですが、さらにおしゃれなアイテムを発見!

なんと衣装の下にオーガンジー素材などのパニエをはくという上級者テク。スカートのボリュームがさらにアップするから、より腰の動きをしなやかに美しく見せてくれそうです。

まとめ

 

フラダンスをはじめたい!という気持ちが、ぐぐっとおおきくなったでしょうか?もうひと押しするならば、やはりフラの魅力はシェイプアップ&ダイエット効果といえるでしょう。

背筋をぴんと伸ばしながら膝を曲げた状態のやや中腰がフラの基本姿勢、なおかつ動きも極ゆっくり。そんな基本姿勢をしているだけで背筋・腹筋がともに鍛えられそうです。またハンドモーションをするときに女子が気になる二の腕も自然と鍛えられるのです。肉体的な美しさがゲットできるのはもちろんですが、さらなる女子力アップも期待できます。

それが指先の美しさ!フラのハンドモーションはひとつひとつに意味があると紹介しましたが、その意味を見ている人たちに伝えるため、ダンサーは指の先まで美しく見えるよう神経を集中させます。

そんなフラのダンスが身に染みれば、ビールジョッキを持っていたって枝豆をつまんでいたって指先はしなやか、日常生活でも所作が美しくなりそうではないですか?あと、ストレス解消にもフラは効果的です。

フラを踊るときは常に笑顔でないといけません。「辛い」「怒り」などの負の感情も、笑っているとすっかり忘れちゃっている、ということも結構ありますよね。そしてあのハワイアンミュージックは心のヒーリング効果も絶大。フラはストレス・マネジメント(エネルギーの有効活用法)に効果的だ、なんて意見もあるんですよ。

 

 

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ハワイのフラダンスの全てを歴史を紹介!タヒチアンとの違いとは?

フラを引き立てる小物や南国情緒溢れるハワイアン雑貨を紹介!

フラダンス教室は日本全国300!?フラダンス教室に通うまでの心得

日本でも話題のタヒチアンダンス!フラとの違いは?

日本全国のフラダンスショーをエリアごとに紹介

フラダンスのパウスカートを買うなら?