フラダンス徹底解説!フラダンスの魅力を深く知ろう

フラダンス

フラダンスといえば少し前に映画化されて話題となりました。最近ではハワイのダンスのイメージくらいしかないかもしれませんが、実は歴史あるダンスなんです。またゆったりしたダンスであるにも関わらず運動にもなると言われています。フラダンスの魅力に迫りましょう!

フラダンスの意外な歴史

フラダンスの起源

http://www.muumuumama.com/data/hilodiego3/image/pele.jpg

http://www.muumuumama.com/data/hilodiego3/image/pele.jpg

フラダンスの起源については様々な説があります。

モロカイ島の聖地で・・・

モロカイ島聖地

https://i.ytimg.com/vi/PxmO7_Bt2mI/maxresdefault.jpg

最もメジャーな伝説は、女神ラカがハワイのモロカイ島の聖地であるカアナにフラを生んだというものです。フラとは現地の言葉で「踊る」という意味なので、踊りの文化=フラダンスを生んだということでしょう。そのため、モロカイ島では、毎年5月になるとフラの誕生を祝ってお祭りが開かれています。カフラピコという祭りで、「踊りの中」を意味しています。

セイアカという神が・・・

また別の伝説では、ヒイアカという神が、姉で火山の神であるペレの気を宥めるために踊ったのが始まりとも言われています。

いずれにせよ、フラの性格な起源はわかっていません。それは古代のハワイは無文字社会であったからです。

フラダンスにまつわるハワイの歴史

ポリネシア

https://www.hawaiiviptour.com/media/products/167/gallery/1465.jpg

しかし、ハワイ人はもともとはポリネシアのマルキーズ諸島やタヒチから渡って来たことはわかっています。フラも、ポリネシア文化の歌舞音曲がハワイの地で発展したものと考えられています。

西洋文化とハワイが接触するのは1778年までは、宗教儀式と結びついた神聖なダンスとしてフラは地域に根づいていました。しかしながら1820年にハワイに上陸したプロテスタントの宣教師らは、フラを異教の踊りであるとして断罪し、禁止しました。これからしばらくフラダンスの文化は途絶えてしまうこととなります。

カラカウア王の時代にフラが復活

カラカウア王

http://i0.wp.com/aloha-hawaiianmusic.com/wp/wp/wp-content/uploads/2015/09/20130331_hula_merriemonarch01.jpg?fit=1000%2C600

次にフラが復活したのはカラカウア王の時代でした。カラカウア王は1874年から在位し、伝統芸術を奨励しました。この時に作られたのが新しい形式のフラクイと呼ばれるダンスです。フラクイは詩歌や衣装を組み合わせて新たに作られたものでした。

フラクイで使用する楽器は、イプと呼ばれる瓢箪を結びけたものでした。それまではパフと呼ばれるサメの皮を使用した太鼓が使われていました。パフは神聖なものとして、避けられるようになっています。形が変わってもフラの儀式的な側面は20世紀まで守られており、フラは女神ラカに捧げるものとしての認識が強く有りました。

現代ではハリウッド映画のテーマ場所や観光地としての認識が強まり、ビジネス的に大きく影響を受け変化していきました。しかし1970年代以降のはウィアでは、古代ハワイ文化への関心が高まり、その一環として古代の厳粛なフラに取り組む人々が増加しました。

フラダンスの種類

フラダンスといえばゆったりとした動きの1種類のみを連想しがちですが、実は種類があります。

メレ・オリ、フラ・クイの時代からフラ・カヒコへ

フラ・カヒコ

http://bigisland.aloha-street.com/bemagazine/2008/03/17/hula01.jpg

ヨーロッパとの接触以前のフラでは、踊らない詠唱と言われているメレ・オリと、踊りを伴う詠唱のフラ・クイがありました。1970年代にフラ競技会で伝統的なフラ詠唱と、使用の影響を受けたフラを区別するという考えが生まれています。こうして詠唱を伴うダンスの事をフラ・カヒコ、歌を伴うダンスの事をフラ・アウアナと分けて判別するようになりました。

フラダンスの楽器

イプヘケ

http://www.plus-hawaii.com/maui/activity/hoomanao/album/images/PB260083_JPG.jpg

フラ・カヒコは古代ハワイ文化に通じているものがあり、宗教的な意味や儀礼的な意味の強い厳粛なダンスです。使われる楽器は、イプヘケやパフドラム等です。イプヘケは瓢箪のことで、叩いてリズムをとります。パフドラムはサメの皮で作られた打楽器です。ダンサーも楽器をしようしてリズムを取る場合があります。イリイリと呼ばれる石で出来たカスタネット、竹を使用したカラーアウという棒を使用してリズムを取ります。ハワイ語でメレが唱えられ、それに合わせたダンスが演じられています。宗教的行為として、フラ・カヒコは奉納される場合もあります。呼応した場合、フラ・カヒコは南国的で容器なフラダンスからは想像も出来ないような厳粛なものとして認識されます。

フラ・アウアナの時代

フラ・アウアナ

http://hulaleinani.com/images5/304_0084_small.JPG

フラ・アウアナは19世紀以降に欧米の音楽を取り入れて創りだされたフラです。新しい形式のフラで、テレビや観光地で目にする機会が多いダンスはフラ・アウアナでしょう。古典形式と異なっている点は16世紀ヨーロッパで使用され始めた機能和声に基づくメレです。

機能和声を出すことが可能な楽器を使用している点も大きな違いと言えます。フラ・アウアナの場合は楽曲のレパートリーは固定されていません。新作も作り続けられています。

日本国内のフラダンスブームのきっかけ

スパリゾートハワイアンズ

http://highfive-aloha.com/wp-content/uploads/2015/11/E4BBA3E8A1A8E79A84E696BDE8A8ADE794BBE5838F_E382A6E382A9E383BCE382BFE383BCE38391E383BCE382AFE585A8E699AF.jpg

日本でフラダンスが注目されるようになったきっかけは、常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾートハワイアンズ)が開園したことと言われています。ただし、開園した当時に導入されていたのはフラ・アウアナのみでした。また一部はタヒチダンスでした。また当時はフラフラダンスと行っていましたが、フラには実はダンスという意味も含まれています。この為、専門家の間ではフラの名称で統一されています。

こういった経緯から、日本では長い間フラダンスといえばフラ・アウアナ、というように、古代ハワイ文化のフラが認知されていませんでした。しかし、1990年代から、フラ・カヒコへの注目が高まりました。現在ではフラダンススクールやレッスンで、フラ・アウアナと一緒にフラ・カヒコも指導されています。

フラダンスのお祭り

ハワイでは定期的にフラダンスのお祭りも行われています。

メリーモナークフェスティバル

メリーモナーク

http://lovehawaiikyushu.com/wp/wp-content/uploads/2014/03/merimo3.jpg

ホノルル公園やリリウオカラニ公園で知られているハワイ島のヒロでは、毎年復活祭から1周間、世界最大のフラコンテストが開催されています。これはキリスト教の需要により、弾圧されていたカラカウア王を記念しています。カラカウア王の通称「陽気な王様メリー・モナーク」としても知られていることから、このコンテストは「メリー・モナーク・フェスティバル」と呼ばれ、現地でも愛されています。

このお祭りは1963年にスタートしました。当初は単なる発表会の場でしたが、1971年下らは審査員による評価を争う競争形式になっています。フラ音楽やダンスのみならず、パレードやミュージカルも行われています。ハワイ屈指の総合的なお祭りとして毎年注目されています。またこのお祭りでは、フラの競演も行われています。ホノルル公園の中にある、イーディス・カナカオレ多目的スタジアムで開催されています。

水〜土曜日の4日間行われていて、この様子はテレビで放送もされるほど注目されています。インターネットのストリーミングで見ることも出来ます。

水曜日はハワイ州のみならず、西海岸を中心とした全米、世界のハラウが様々なフラを演出します。この日だけ入場無料になっているのも特徴です。

木曜日は女性のソロのフラのコンテストとなっています。優勝者をその年の「ミス・アロハ・フラ」として選ぶこととなります。

金曜日はグループでのフラ・カヒコのコンペが行われ、土曜日はグループのフラ・アウアナのコンペが開催されています。

日本で行われるお祭り「ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ」

ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ

http://img-cdn.jg.jugem.jp/4d8/201232/20150527_1636819.jpg

日本ではこのお祭りの入賞者とハワイ音楽の祭典である「ナ・ホク・ハノハノ賞」の入賞者を呼び、「ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ」が開催されています。

このお祭りは毎年9月に東京ドームで行われています。

モロカイ島で行われるお祭り「カフラピコ」

カフラピコ

http://www.kahulapiko.com/uploads/1/0/7/7/10774872/_1328405030.jpg

その他、ハワイのモロカイ島で行われている祭りもフラの祭りです。

「カフラピコ」と呼ばれているこの祭りは、「フラのセンター」という意味があります。毎年春になると開催されています。1991年に始まり、歌やフラダンス、ハワイの手芸品の展示、特別伝統行事があります。ヒロで行われているメリー・モナーク・フェスティバルのような大規模なものではありませんが、素朴で手作り感がある温かみを感じる祭りです。カフラピコは以前はモロカイ島の西端にあるカルアコイという場所で行われていましたが、島の中心部にあるカウナカカイで行われています。5月中旬頃の開催が一般的です。

フラダンスは健康に良い?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8e/Spa_Resort_Hawaiians._Dance_of_Fula_Girls_A.JPG

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8e/Spa_Resort_Hawaiians._Dance_of_Fula_Girls_A.JPG

フラダンスは健康効果があるとも言われています。ただ特別何かあるわけではなく、有酸素運動だから体に良いと考えられています。

有酸素運動は脂肪燃焼効果が有り、心肺機能の改善にも役立つと考えられています。日本でも多くの方がメタボリックシンドロームや肥満で悩んでいる方がいます。そんな方にもおすすめできるある種の健康法です。

フラダンスは実際にやってみると、思った以上に運動になると言われています。それは、膝を少し曲げた状態で、他の体の部分を常に動かすためです。最初は筋肉痛になってしまう方もいるほど、運動になあります。振付自体はゆったりとしているので、激しい動きではありません。そのため年齢を問わずに長く続けることが出来るダンスとしてダイエットや健康に良いと愛好者も増加中です。

フラダンスに近いカロリー消費の仕方でウォーキングが有りますが、その大きな違いは腕をずっと動かし続けるということです。つまり、二の腕の運動になります。ウォーキングの場合とでは、足や腰、腕を動かす際に使う筋肉が違っているため、普段使わない部分の筋肉を鍛えることが出来るのも大きな魅力ですね。特に痩せる踊り方としては、基礎ステップでも踊るときに膝を深めに曲げると良いと言われています。そうすることで、足腰にある程度負荷をかけて、より筋肉を使用することが出来ます。

ただし無理に行っていると負担がかかって痛めてしまう場合もあるので注意が必要です。ところで、映画のフラガールを見たことがある方はラストシーンで踊られた激しいダンスも気になるのではないでしょうか。あのダンスはタヒチアンと、呼ばれており動きが激しくアップテンポな音楽で踊ります。フラダンスとは全く別の踊りです。タヒチアンの方が動きが激しいので、ダイエットにも効果がありそうですよね。しかしこれは若い人向きかもしれません。

ハワイアンダンスでゆったりエクササイズ

https://i.ytimg.com/vi/V0d3Vu0w31o/maxresdefault.jpg

https://i.ytimg.com/vi/V0d3Vu0w31o/maxresdefault.jpg

ハワイアンフラダンスの場合はゆったりした動きが多く、年配の方でもお子さんでも楽しむことが出来ます。フラのステップは動きに「ため」があるように構成されています。体重移動の方法に関しては太極拳のなめらかさと近い動きをしているとも言えるでしょう。

こうした有酸素運動は脂肪燃焼効果が高く、エアロビクスやウォーキングと並んで注目されています。エネルギー源として体の中で蓄えられている脂肪を燃焼させてくれる働きがあります。

フラダンスのこと総ざらいまとめ

意外と知られていないフラダンスの歴史や現在での様子、健康やダイエットにまつわる内容を紹介しました。今までフラダンスがよくわからなかったという方も興味が出てきたのではないでしょうか。日本でブームとなったフラガールという映画の影響も有り、現在でもフラダンスのスクールや教室は合わせて1000を超える教室数があるのではないかと言われています。これだけ長く愛され、注目されているのですから、身体にも良いと考えられますね。

フラダンスを習おう!

また、教室や学校によってはワークショップ等も行っています。ハワイにスタジオを置いている教室の日本校もあります。ここではハワイ同様のカリキュラムでレッスンを行います。ハワイの文化、歴史、歌の意味等を学びながら歴史あるフラを学んでいくことが出来るのです。こうした教室では体験レッスンもありますので、気軽に足を運ぶことが出来ます。

フラダンスは歴史あるスポーツとも言えます

フラダンスの歴史の深さと日本の歴史の深さには似ている部分があります。日本人の伝統を重んじる精神がハワイのフラダンスの精神に通じリスペクトしているのかもしれません。またフラダンスの衣装の特徴としてレイが挙げられます。ハワイに旅行すると、空港やホテルでレイを受け取ることがあります。ハワイでは人生の節目に必ずレイを贈る風習があります。そのため、レイはフラダンスの中でとても大事な衣装の一部と考えられているそうです。ハワイ島にはシンボルとなるレイと色が地域ごとにあります。

ハワイ島では赤のオヒア・レファ、モロカイ島ではシルバーグリーンのククイ、マウイ島ではディープピンクのロケラニ、オアフ島はイエローオレンジのイリマなどのシンボルが決まっていました。その他、ハワイならではの文化はフラダンスと結びついていることが多く、フラからは様々なことを学ぶことが出来ます。もしハワイ旅行を考えているのならば、こうした文化背景やハワイならではの人の考え方を理解してから行くと良いでしょう。

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本全国のフラダンスショーをエリアごとに紹介

フラダンス上級者だからこそ知っておきたいフラのこと

フラダンスのレイにはそれぞれ深い意味がある

-18キロ減!?ハワイ発祥のフラのレッスンからダイエット成功!

古典的フラ「フラ・カヒコ」を知ってますか?

フラダンス教室は日本全国300!?フラダンス教室に通うまでの心得