フラダンスでよく使われる用語の意味をご紹介!

フラダンスに興味をお持ちの方はどんなときに魅力を感じましたか?ハワイに旅行に行ったときに、映画を鑑賞して興味が湧いたり、アニメを観て気になったりと様々な理由があると思います。

でも実際にハワイの言葉って知らない人は多いのではないでしょうか。今回はハワイ語でありフラダンスでもよく使用されているカヒコやアウアナという言葉についてご紹介します。

フラダンスについて

フラダンスとは、ハワイ諸島で生まれたダンスで、「フラ」と一般に呼ばれることが多いです。フラとはHulaと書かれ「踊り」を意味します。古代のハワイ人が文字もなかった時代に「フラ」を踊ることにより、ハワイの神話や伝統を我が子や子孫に受け継ぐための神聖な踊りです。文字の代わりに踊りを使ったので手の動きやステップにも意味が込められています。

また、昔のハワイでは歌や音楽に関することは基本的に男性限定のものでした。女性は不浄扱いをされていたことが由来しますが、日本でも神事などは男性限定で行われているのと同じです。

フラダンスは見てるだけでも楽しいですが、誰でも踊ることも出来る魅力のある舞踊です。日本でも観光地でのショーや教室などたくさんあり、人気のあるダンスとなっています。

フラダンスの歴史ですが、太平洋に浮かんでいるハワイ島、ニュージーランド、イースター島を結んだ海域の名を持つポリネシアの人々は大昔、文字のない生活をしていました。日差しや豊かな自然を神にたとえて暮らしていました。

当時のハワイでの信仰や出来事を後世に伝えるために利用されたのがフラです。また、近代化と産業革命の起きる18世紀から19世紀頃にフラダンスは禁止令を出されたことがあります。その根源は、1779年にイギリス人のジェームズ・クックという船長が率いた船団がハワイ諸島の一つであるカウアイ島に上陸しハワイをサンドイッチ諸島と名付け交易の拠点にしたのがきっかけです。

多数の部族に分かれていたのが、1つの国に統一されハワイ王朝が成立し、自然を崇拝する意のある「フラ」を米国の宣教師が一神教のキリスト教を脅かすと断定し、カメハメハ2世(当時の王)に禁止令を出させました。禁止令を出されていた時期は野蛮で淫らなものとされて95年間も姿を消してしまいます。

しかし、完全にフラが消えたわけではありませんでした。1874年に第7代目のハワイの王であったデイヴィッド・カラカウア王が即位式の際に、ハワイの伝統儀式であるフラのカヒコを披露させたことで復活しました。宮殿にフラのダンサーを居住させ、お客を招いたときにパフォーマンスとしてフラを踊らせ楽しませたことがきっかけでした。

同時期に西洋からの音楽のクラシックやピアノが輸入され、宮殿の人々にも拡大しハワイアン・ミュージックが誕生し新しいフラダンスが生まれました。1970年代にハワイアン・ルネッサンス運動が発生し、ハワイ人による文化と誇りを取り戻す運動が始まりました。廃れかけていたハワイ語も幼児教育の一貫になり、競技会も開かれ、この頃にクム・フラが多く生まれました。

クムは先生という意味で、復活のときに踊っていたフラダンスを古典「カヒコ」と呼ばれ、新しく生まれたハワイの音楽に合わせて踊るフラを「アウアナ(フラ・クイ)」と呼んでいます。

特に1964年にハワイ島のヒロという街を襲った津波の被害が大きく復興のために開催された「メリー・モナーク・フィスティバル」というお祭りが有名で、ここからカヒコやアウアナという呼び名が付きました。フラはゆるやかに踊る伝統舞踊のように思いがちですが、実は途切れることなく身体を動かすので運動量が多く体も心もほぐれさせるのに最適なダンスです。

昔から伝えられているカヒコとは?

よくフラダンス教室でも見かける「カヒコ」という言葉の意味を知っていますか?「カヒコ」とはハワイ語で古い・古代のという意味があり、Kahikoと書きます。フラ・カヒコは古典的な、宗教的なフラということになります。

フラは言葉の代わりに使っていたことから、数多くの宗教的な意味を持った神への賛歌や神話、伝説などの意味を呈したものをカヒコに仕立て上げています。踊ることで大地と自然に対する詩などハワイの文化と歴史を表現する要素があります。演奏のときに使用されるイプとは、日本語に直すと「ひょうたん」という意味になりひょうたん楽器のことを指します。

pin

主にイプ・ヘケ(Ipu Heke)という上下に2つのイプが重なっている打楽器のことで、ヘケは「一番の」や「上の」という意味があり、上部のあるひょうたん型のドラムと訳されます。下部はオロ(‘Olo)と呼ばれ、イプとオロを重ねたイプヘケが大きいサイズになります。カラカウア王に関するカヒコの場合は大きいイプ・ヘケを使用することになっています。

pin

その他の楽器にはパフ(・フラ)と言われる椰子の木に彫刻して鮫の皮を張った太鼓のような打楽器です。そしてフラダンスに欠かせないのが「メレ」という歌が必須です。メレの意味は詩や歌、チャント(詠唱)となり種類も豊富にあります。対象や内容に応じたメレと歌い方にも数種類あります。

つまりイプやパフを叩きながら、メレに合わせて儀式として踊るのがフラ・カヒコです。また、南太平洋、ソシエテ諸島とトゥアモトゥ諸島の宗教遺跡であるマラエに宗教行為として奉納されることがあり、自然や神を礼拝し詠唱しながら踊るという宗教の要素を多く含んだ神聖なフラです。カヒコを踊るときは化粧したり、アクセサリーを身に着けたりすることをしません。

現代では親しみのあるフラ・アウアナ

(メリー・モナーク・フェスティバルでのフラ・アウアナ)

フラにはもう一つあり、フラ・アウアナという現代的な新たな形式のフラです。アウアナ(Auana)の元の意味は漂う・さまようや正道をそれると解き放たれたや新しいスタイルというハワイ語になり、アウアナは手を波のようにゆらゆら揺らして踊るのでフラダンスといえばと聞かれると多くがこちらのフラが出てくるのではないでしょうか。

フラ・アウアナは19世紀以降にアメリカの音楽を取り入れてアレンジした新しいフラです。フラ・カヒコとの違いは、西洋由来の和音システムを出せる楽器を使用していることです。その楽器とはギターやウクレレなどで鮮やかで美しい衣装を纏い表情豊かに優雅に踊ります。踊り手はワヒネ・クプナ(女性)がほとんどですが、カネ(Kane)男性と呼ばれる男性の踊り手やケイキ(Keiki)と呼ばれる子供の踊り手もいます。アウアナでは新作も次々に作られ続けており決まった演奏などはありません。

出典:amazon

ムームーというハワイで女性の正装であるゆったりとしたドレスを着てウクレレでブルーハワイ調の音楽を奏でて踊ります。アウアナでは花が中心に柄として使用され、ハワイ産以外の外来種の植物も使った赤や黄色、オレンジなどのパッション系の花を用いています。また、アウアナの詩には自然に対する感謝や男と女の愛に関する内容が多いです。

フラ・アウアナの誕生は上記でもご紹介したカラカウア王が大きく貢献しています。カラカウア王は作詞や作曲も手掛ける音楽家でもあり、ハワイの詩を英語に訳したりしていました。そしてウクレレやギターなどの外国の楽器を取り入れて目新しい文化を創りだそうと考えていました。

そんなカラカウア王のが住んでいたイオラニ宮殿で、50歳の誕生日パーティーが開催された1886年に、フラ・アウアナが初めて人前で披露されました。

フラの踊りとスタイル

フラは現在カヒコとアウアナという2種類に分けられていますが、細かく分類すると何十にも何百にも種類があったと言われています。

しかし文字での継承がなかったため明確な数が分かっていません。フラの種類のいくつかをご紹介したいと思います。

まず最初は、hula ‘āla’apapa(アーラ・アパパ)という最も伝統的でフラの基本となる神聖な儀式です。アーラ・アババは包み隠さずに語るという意味を持ち、優雅な動作であるが劇的な表現があります。

hula `ohe(オへ)はオヘ・ハノ・イフという鼻笛で演奏するフラです。鼻で笛を吹きながら詠唱するという高度な技術が必要で、一般的に女性のみの踊りでした。

hula `ōlapa(オーラパ)では、現在あるフラ・カヒコに一番近いスタイルでフラ・クイの始まりとも言われています。

hula ku`i(ク・イ)は、カラカウア王の即位式のときに発表された創作のフラです。こちらがフラ・アウアナの起源とされています。

kōlani(コーラニ)では、首長という意味のアリ・イのために、座って行われた楽器を用いない高貴かつ優雅なフラです。

hula pā ipu(パー・イプ)という膝をついて行われる高貴なフラです。イプ(楽器)を叩くという意味を持ちそのイプを掲げ激しく振り回す喜怒哀楽の表現が強いのが特徴です。hula

pahu(パフ)では身振りが大きく力強いパフを用いて踊るフラです。フラの中でもはっきりと区別出来るほどの気品にあふれるフラで、王族や高い身分の人、特別な客のために踊られていました。

hula nĩaukani(ニーアウカニ)では、古くからハーラウ(フラの教室)で踊られているフラの一つです。ニー・アウカニという口に加えて音を出す楽器で、即興演奏しながら声も出す高度な技術が要ります。

hula pahua(パフア)は、性的な事柄を激しい動きで演じる杖を使ったフラです。動きの早いフラで外国人が見ると卑猥な踊りに映ることがあり、ハワイの人々はオープンに踊っていました。

19世紀半ばを境に廃れてしまいました。フラには複数のスタイルを用いて行うフラがほとんどですが、一つのスタイルで行うフラもあります。フラには踊りのスタイルを表す用語があり、フラ・イーリオ(hula īlio)という犬の真似をするフラを披露するときには入場するときに踊るフラ・カ・イ(hula ka’i)から始まり、その場で立ち上がって踊るフラ・イ・ルナ(hula iluna)と座って踊るフラ・ノホ(hula noho)を繰り返したら、最後にステージから退場するときに踊るフラ・ホ・イ(hula ho’i)という順序で行われます。

その他にも、アイ・アハ・ア(‘aiha’a)では「力強く」という意味や、カーナエナエ(kānaenae)という「祈りを込めた」意があるなどの踊りのスタイルがあります。

ハワイ語を知ろう!

(ハワイ語のニュース)

フラをより知ってもらうために少しだけハワイ語をご紹介します。

日常挨拶で使われるのはAloha(アロハ)で共通の挨拶・愛という意味があります。Aloha kakahiaka(アロハ カカヒアカ)がおはよう、Aloha ‘auinala(アロハ アウイナラー)がこんにちは、Aloha ahiahi(アロハ アヒアヒ)がこんばんはとなっています。

Mahalo(マハロ)にありがとうという意味があります。人を表すものではau・wau(アウ・ヴァウ)と言って「私」という意味があり、’oe(オエ)が「あなた」となります。

‘ohana(オハナ)は家族・仲間になり、kupuna(クプナ)が高齢者、keiki(ケイキ)が子供、wahine(ワヒネ)が女性となりよくハーラウ・フラ(フラ教室)でクラスの名称で使われています。

自然を表す言葉には太陽が「La(ラー)」で雨が「Ua(ウア)」、海が「kai(カイ)」と呼ばれるそうです。

その他花や動物、数字、人体を表す言葉などがあり、こちらで紹介したハワイ語はほんの一部にしか過ぎません。

まとめ

以上、フラダンスのカヒコとアウアナについてや、ハワイ語についてご紹介しました。

フラダンスというとハワイではダンス・ダンスと二重になっていしまうのでフラだけで大丈夫です。またカヒコとアウアナも随分違いますね。

カヒコは古典フラ、アウアナは現代フラ特別することが出来ます。それぞれの特徴や表現の仕方も異なっていてますます。興味が湧いてきませんか?

ハワイ語の専門用語も数えきれないぐらいに豊富にあり、覚えるのは大変かもしれません。しかし、フラを教わることで自然と身に付いてきます。ぜひフラの世界に飛び込んでみましょう!

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ワイキキでハワイの伝統的なダンス、フラダンスを体験・鑑賞しましょう!

フラのカヒコとアウアナの違い、そしてカヒコの歴史について

ハワイアンフラとは?歴史や特徴を徹底解説!

古典的フラ「フラ・カヒコ」を知ってますか?

フラダンスを始めよう!迷えるハワイアンの衣装選びQ&A

フラの必須アクセ「ハワイアン・レイ」をもっと知りたい!