フラを引き立てる小物や南国情緒溢れるハワイアン雑貨を紹介!

ハワイのフラといえば色鮮やかで華麗な舞を演出するフラ衣装!そんなフラ衣装である「パウスカート」やハワイでの一般的アクセ「レイ」、その他大自然を素材にしたナチュラル・アイテムやハワイアン雑貨を大紹介!!

思わず「ALOHA」と言ってしまいそうなフラ衣装

個性豊かなフラ衣装、一般的なイメージとしては頭や首周りに花飾りをつけ、色鮮やかでひらひらとした長いスカートが印象的ですが、フラハワイにおける伝統的な由緒正しい神様へ捧げる儀式が発展したもの、言うなればフラ衣装は日本における巫女服です。

そんなわけで一口にフラ衣装といっても様々なポイントが存在します。

その1「フラ衣装の服は歌や土地によって違う?」

ハワイの人々はフラを踊る際、その土地や歌に合わせた衣装や小物を選び、身につけます。そしてハワイには数々の島があり、その島ごとに象徴する色や植物があるのです。例としてハワイ島であるならば象徴する花は綺麗な赤色の「オヒアレフア」であり、フラ衣装もそれを意識した赤色がメインとなります。

その2「自然を身に着ける為のレイ」

フラ衣装を引き立てるファッショングッズとして最も代表的なものは「レイ」でしょう。レイとは首にかける大きな花飾りであり、これも決まった法則というかルールが存在します。レイもフラ衣装と同じく、土地や歌によって花の種類が決められています。先程例に出したハワイ島であるならばオヒアレフアのレイをかけ、もし特定の花を歌う歌であるならば、その歌に対応した花を使います

これらの2点を守っていれば、本場ハワイでも問題なし!ただしあくまでフラは団体で行うもの、色を合わせていても我が強すぎると一人だけ目立ってしまいます。故にフラを踊る際は全員が揃った格好にすることで整った美しいフラを魅せることができるという事を覚えておいてくださいね。

レイは花飾りでも首飾りだけでもない?自然を形にしたハワイの伝統レイ

衣装はバッチリ、ではお次はフラ衣装を彩る代表的なアクセサリーである「レイ」について。そもそもレイとはどういうものかご存知ですか?レイとはハワイにおける重要な風習かつ伝統であり、実際は花だけでなく自然そのものを飾りとして用いる風習がレイとして発展したのです。故にレイには花だけではなく、葉っぱの部分である緑を使った「グリーン・レイ」や貝殻などを使った「シェル・レイ」鳥の羽根を用いた「フェザー・レイ」や他にもククイなどの木の実を用いたレイも存在します。

そんなハワイ代表アクセサリーのレイですが、起源ははるか昔、神話の時代まで遡ります。かつて、癒やしの女神であるヒイアカが姉神であるペレに対し、赤色の花であるレフアを花飾りにして捧げたことが、ハワイにおけるレイの起源であり、そしてレイを相手へ送る習慣になったとされています。現在ではハワイでレイは日常的なプレゼントとして、知人友人の間柄だけでなく旅行者にも送られる事が多くなっています。

もちろんこれは歓迎の意であり、ハワイ流の「ようこそいらっしゃいませ!」の挨拶なのです。ちなみにレイが輪の形として作られるのは「アロハ」の心が永久に続くようにという願いが込められているそうです。

勿論、レイはプレゼントとしての風習だけでなくフラとも密接な関係であり、フラを踊る際にレイを身につけるということにも意味があるのです。フラの際に身につけるレイは三種類あり、頭につける「レイ・ポオ」にはフラを忘れないように願いをこめられたもので、首につける「レイ・アイ」には悪しき気が体を蝕むことがないようにという意味を、手足の足首につける「レイ・クウベエ」には振り付けを間違えないようにという意味をそれぞれ持っているのです。ちなみにフラの際にレイは人前では身につけず、チャントを唱えながら足、手、首、頭という順につけていくことで、大地の気を足から全身へと取り込んでいくのです。

勿論あくまでファッションやプレゼントとして楽しむ分には気にしなくても大丈夫!ですが1つだけ、プレゼントとしてレイを送る際の禁忌が存在しています。それはフラで使用したレイを他人に送らない、ということです。フラで使用したレイには自身のマナが宿っており、近親者以外に上げることは禁忌、タブーとして言い伝えられています。

また、前述したようにレイは輪のものが主流ですが、妊娠中の方は輪の形をしたレイではなく、マフラーのようなオープンタイプのレイを使用します。これはレイが赤ちゃんのへその緒に絡まってしまわないように、という意味があるそうです。この通り、レイはハワイの伝承や伝統が濃縮された由緒正しきアクセサリーなのです、また自然にあるものを揃え、輪状にしてしまえば完成ですので、自分で作ることもできます。是非自分だけのレイを作ってハワイアンファッションを楽しんでくださいね!

フラ衣装といったらこれも忘れちゃいけない!パウスカートについて

出典元:amazon

ここまでフラ衣装の色選びやレイについて解説しましたが、大事なものを忘れていますね? そう、パウスカートです、フラダンスにおいてひらひらと舞う色鮮やかなスカートは印象に残るもの、ちなみにパウスカートのパウは「スカート」の意味であり、日本でよく言われるパウスカートはスカートスカートとなるわけですが、ダンスという意味を持つフラフラダンスと呼ばれることが多いのと同じですね、よって正確にはパウというのが正しいです。

そしてあくまでパウはおしゃれの為の可愛らしい洋服ではなく、神聖な儀式を行うための正式な衣装です、故に「履く」のではなく「着る」もしくは「被る」というのが正しい着方なのです。また、パウスのウエストにはゴムが数本はいっており、ボリューミーなギャザースカートです。

着方としてはゴム部分が腰の骨に合うようにして着るため、スカート丈はそこから個人の身長に合わせ、平均的にはおよそ70から75cm程度の長さになります。腰のゴムはフラにおける滑らかな腰の動きを表現するためのものであり、およそ3から5本までのゴムが入れられています。

パウの柄は花柄や葉っぱ柄などの可愛らしいものから、伝統的な趣ある模様など様々。その辺りは個人の趣味ですが、あくまでフラ衣装は伝統です、きっちり色を揃えて楽しみましょう!……ちなみに、自然と一体化し、マナと呼ばれる自然の気を重視するハワイでは身についた神聖な気やマナが流されてしまうという理由でパウは洗ってはいけない、という掟があります。

ですが、あくまでそこは身につけ着飾る衣服です、手洗いでしっかり綺麗にしましょう。実際、本場でも発表会(ハワイ語ではホイケ)の時は洗わないけれど、定期的に洗うようにしているという方も多いとのこと。

ハワイは自然と一体!自然をイメージした個性的な雑貨品

 

さて、お次は南国情緒たっぷりなハワイアン雑貨について。まずはハワイの南国としてのイメージを形とした雑貨からご紹介します!

まずは「ウッド・トレー」!はい、文字通り木でできた器ですね、日本に限らず世界中で使われます。どこが南国情緒たっぷりなんだ、と思われる方も居るでしょう。そこでおすすめなのはずばり果物型ウッドボウル!南国といえばアロハシャツやフラダンスの他にもスイーティーな果物です。そんなわけでパイナップル型のトレーやヤシの木型など。とはいえ、ハワイ土産の中にはチョコレートやクッキーなどのお菓子も多いですよね。なのでハワイ土産のお菓子の乗せてみるのもいいでしょう。

勿論素材として南国の植物として一般的なココナッツの殻を使った「ココナッツ・ボウルトレイ」などもあります。お次は「ウッド・トリベット」や「ウッド・コースター」!こちらもトレーやボウルなどにもデザインとして使われているハワイ語でウミガメを意味する「ホヌ」の柄やヤシの木、ハワイの花としてのイメージも強いプルメリアの柄など、シンプルかつおしゃれにハワイを表現したアイテムとして人気です。

出典元:amazon

他にも「グラス・スタンド」や「サンド・スタンド」なども、こちらはハワイらしい、明るくカラフルな文字で「ALOHA(aloha)」と描かれたものや、砂浜を思わせる色合いの砂でできたスタンドなど、こちらもシンプルかつハワイアンな雰囲気を演出するのにぴったりな一品です。

更にさらに!ハワイといえば海!南国の海といえばサーフィン、勿論サーフィンに必要不可欠な「サーフボード」もあります、ハンドメイドで作り上げた木製のサーフボード、ALOHAの文字やホヌ、プルメリアなどなどのハワイらしいデザインをあしらったサーフボードでサーフィンを楽しむのもいいでしょう。

 

そして同じくハワイの海からのナチュラル・アイテムからこちら、「ウォールハンガー」です。自然といえば木や花をイメージすることが多いですが、勿論海だって母なる大地の大自然、そこから採ることのできる貝殻やヒトデなんかをウォールハンガーとして飾ってみるのはどうでしょう。

出典元:amazon

更に海といえば砂浜、ビーチの白い砂をボトルに詰め、貝殻をそえた「サンドボトル」もいかがでしょうか、素朴ながらもロマンチックな気分に浸れること間違いなしの一品です。

出典元:amazon

そしてそして、車でドライブを楽しむあなたにはこの一品、吊り下げて飾る「カーアクセサリー」です。ハワイのお守りである「イカイカ(とても強いという意味)」はカーアクセサリーとして人気、勿論お部屋に飾るための大きなサイズもありますよ。

他の商品同様ホヌやプルメリアなどのカーアクセサリーも!以上がハワイアン雑貨、ナチュラル・アイテムでした!勿論まだまだハワイの自然を形にした雑貨は沢山ありますので探してみるといいでしょう。

日用品としても便利、ハワイ土産にぴったりな雑貨

出典:amazon

 

さてさて、ハワイの自然を感じさせるナチュラル・アイテムのご紹介が終わり、お次はこちらの紹介です。まずは「タンブラーセット」! お土産の定番品の1つと言えるタンブラー、ガラスにサンドブラストでホヌやプルメリア、モンステラなどの柄を描いたタンブラー、日用品としての実用性もダントツでしょう!同じく「マグカップ」などもおすすめです。

 

お次は「キャンドルグラス」、単品でもタンブラーなどと同じガラスに描かれた柄を楽しむことができますが、キャンドルグラスであればキャンドルに火をつけて暗所に飾ることで幻想的で神秘的な雰囲気を演出することができます。

更にこちら、日用品に使える雑貨は食器だけではありません、お風呂でもハワイアン気分を満喫するアイテムとしてこれ!「ソープ・ディスペンサー」や「歯ブラシ・ホルダー」!シャンプーやリンス、コンディショナーあるいはボディーソープなどを入れる容器として使え、更には歯ブラシホルダーと合わせて同じ柄のタンブラーも揃えることで洗面所やお風呂場もハワイアン一色に!ガラスの他にもセラミックなど、「バスタオル」なども様々な柄があります。

勿論トイレ用にも「便座カバー」や「スリッパ」などや「ペーパーホルダー」や「マット」など、キッチン用も合わせて水回りをハワイアンテイストに彩ることができます。お子様へのお土産はこちら、「ハワイアンドール」!フラガールをイメージしたデザインのお人形やテディ・ベア、更には豚の貯金箱なんてユニークな一品も。

(画像はTIKIの小物)

ドールも様々な種類があります、一口に「人形」といってもデフォルメされたものやリアルなフラガールや擬人化された亀や猿、ハワイの神様である「TIKI(ティキ)」なんかの人形も。

 

飾っておくものからキーホルダーサイズの携帯用サイズまで様々です。子供の頃にシールを集めた経験のある方やお子様、知り合いの子供達がシールを集めているという方にこちら、「ハワイアン・ステッカー」をどうぞ。ポップでキュートなデザインから民族的な伝統を感じるデザインまで様々な種類があります。子供たちのコレクションの1つとしてもよし、普通の日用品に対するアクセントとして使うもよし、です。

さて、ハワイといえば日本とも関わりが深いことで知られています、そんなハワイと日本の文明が合体した商品がこちら、「ハワイアン扇子」です!扇子に様々なハワイアンデザインが施された一品、ちょっと涼んでみればあら不思議、爽やかな南国の風が感じられるかも?

さて、子供向けのハワイアン雑貨もご紹介したところでお次は大人向けなハワイアン雑貨をご紹介します。

まずはこちら、ナチュラル・アイテムでもご紹介した車の内装関連のアクセサリーです。カーアクセサリーを飾るだけじゃ物足りない!という方には「ハンドルカバーから座席そのものやシートカバー、クッション、カーテン」なんかも様々なハワイアンデザインのカーグッズが取り揃えられられます。

出典:amazon

そしてお次は「ハワイアン・フレグランス」、男性は大人になっても使わない方が多いでしょうが、女性のお洒落には香りも含まれます!そんなわけでちょっぴり大人を演出する香水に、プルメリアやピカケ、ココナッツなんかの香水をどうぞ、更にお洒落だけではなく美容にもハワイの香りを取り込みたい方にはこちら、「ハワイアン・モイスト」をどうぞ!プルメリアやピカケの香りかつさらりとしてべたつかない天然由来成分のジェルを塗ればあら不思議、しっとりとした肌に南国を思わせる香りがお手軽に完成します!

また、日用品のハワイアン雑貨とは別のフラ雑貨としてダンサーが手に持って音を奏でるフラ楽器「ウリウリ」のカバーや、ひょうたんでできた打楽器の「イプ」のケース、竹のスティックである「プイリ」のケースなども可愛らしいハワイアンテイストのデザインも色々あります。

まとめ

今回は、数々なフラ・ハワイアン雑貨をご紹介してきました。フラに必須な衣装、フラ・アクセサリーとしてもプレゼントとしても一般的なレイ、ハワイの自然を形にしたナチュラル・アイテムやハワイアン・デザインの日用品。勿論他にもご紹介しきれない程の雑貨品が存在しています、ここでご紹介した雑貨品を見に行った時に新しい発見がきっとあることでしょう。

古代から続く伝統と大自然、ハワイの雑貨にはこれらの特徴がぎゅっと詰め込められています、一度揃えればあなたの日常は南国気分を感じることのできる素晴らしいものになるでしょう!そして最後に1つ、ハワイにおける雑貨などでヤシの木やプルメリアと同じくメジャーなデザイン・モデルとして人気のホヌ(ウミガメ)ですが、ハワイにおいてホヌは海の守り神として大切に扱われています

ホヌは時々子供に化けて子供たちに混ざって遊び、また子供たちがサメに襲われた時には自身が子供に化けてサメをひきつけて子供を守ったという伝承もあり、お守りや結婚・婚約指輪へのデザインとして人気があります。

日用品としての雑貨を買う他にも、大切な人への贈り物にはホヌのデザインが描かれた品がおすすめです。きっと海の守り神の加護を得ることができるでしょう。

 

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

名前だけでは想像できない?フラで使われるハワイ楽器を紹介&解説!

厳選!日本全国のおすすめ地域別フラダンスショップ12選

フラダンスで使用する衣装のドレスや装飾品について知ろう!

フラダンス最初の一歩!ステップをマスターしよう

受け継がれるハワイアンの伝統! フラを習おう

フラダンスを始めよう!迷えるハワイアンの衣装選びQ&A