2018年までに行われた東京でのフライベント紹介

フラを語る上でハワイは欠かせず、ハワイを語る上でフラは外せない……そんな伝統的なフラをお気軽に見て楽しむ為には、東京お台場や東京ドームで行われるフライベントを知ろう!

フライベントとはハワイイベントである。

(ALOHA TOKYO 2017の様子)

フラとはハワイに古来より伝わる儀式です、踊りだけでなく儀式に関連するすべてをフラと呼びます。なのでフラが関係するイベントとはそれ即ちハワイのイベントであるという事でもあります。

そして逆説的にハワイを取り扱ったイベントであれば、多かれ少なかれフラに関係した事も含まれます。その為まずはハワイ関連のイベントについて触れましょう。まずは2017年に行われる最大級のイベント「ALOHA TOKYO」です。もともとは2002年にて横浜で行われたハワイアンイベントでしたが、16回目である今回、横浜から東京へと舞台を移しました。2017年7月21日から23日まで恵比寿ガーデンプレイスにて開催予定の一大イベントであり、豪華ゲストによるステージやハワイ料理、ハワイ雑貨のショッピングなどが楽しめるというものです。

そして当然、これだけ大きなイベントであればフラのステージも行われます。一口にフラと言っても様々な種類があり、今回ステージに出演される方々も「ハーラウ オ ケクヒ」の「フラ ペレ」を継承している「カトーエミイ舞踏塾フラアーツ」さんやフラの原型となったポリネシアン文化の踊りである「タヒチアン」のパイオニアである「テ・ラ キョウコ」さんなど、様々なフラフラに関係したステージを行う予定です。

大規模イベントだけじゃない!街からも愛されるハワイ「阿佐谷ハワイアンフェス」

(阿佐ヶ谷ハワイアンフェス2016の様子)

「ALOHA TOKYO」は本来横浜で行われていたイベントであり、2017年において初めて東京で行われる事になりました。では今度は東京都の杉並区にある阿佐谷という市で行われるハワイアンイベント「阿佐谷ハワイアンフェス2017」をご紹介しましょう。第5回とあるように、阿佐谷市では毎年ハワイアンフェスを行っており、5回目は「あさがや市ハワイアンフェスwith 七夕まつり」という名前で2017年の8月6日に開催されました。

またイベントではあさがや市フラチームによるフラダンスの舞が行われており、フラダンス教室の無料レッスンも行われました。他にも数々のフラチームやスクール、スタジオの面々がこのイベントに出演するという事で、このハワイアンイベントにおいてもフラはメインイベントとして扱われているのがわかります。ALOHA TOKYOも阿佐谷ハワイアンフェスどちらも入場費は無料ですので、気軽に参加できるものでした。

フラメインのイベント、全174チームが出演するフライベント

(東京フラフェスタ2017の様子)

さて、まずは2つハワイアンイベントをご紹介しました。どちらもフラがステージや体験教室として行われるイベントではありますが、あくまでハワイアンイベントであり、フライベントではありません。

そこでお次に紹介しますのは「東京フラフェスタ」です。これは2017年で15周年を迎える日本最大級のフライベントであり、池袋にて開催されています。こちらもハワイアンイベントと同じくハワイアンバンドの演奏や模擬店などが開かれますが、違いとしてはフラをメインとして開催されているという事です。総勢170チーム以上約4千500人が出演するという類を見ない程の大規模なイベントであり、また本場ハワイからの講師を招いたワークショップや、初心者向けのレッスンなどもありました。

フラに関係するイベントが盛りだくさんであり、フラが大好きという方だけでなくフラをよく知らない方でも楽しめるようなイベントです。

フライベントはお祭りだけじゃない、競い合い優勝を目指す「クイーンリリオカラニケイキフラコンペディション」

(本大会2016の様子)

ここまで紹介してきました3つのイベント、そのどれもが所謂お祭りであり、和気藹々と楽しいイベントです。

ですがフラは踊りであり競技としても扱われます。そして競技には実力を示すための大会がありますね、その中でも日本で開催されているフラ大会がこちら「クイーンリリウオカラニケイキフラコンペディション」です。これは9月2日のリリウオカラニ女王の生誕祝いとして開催されたもので、本大会は40回以上も行われています。本大会は本場ハワイのオアフ島で開催され、東京にて行われる日本大会で優勝した者には本大会への出場権が与えられます。

なお、フラコンペディションカテゴリーにおける出場資格は6歳から12歳であり、それ以上の方はフラエキシビジョンカテゴリーでのみ出場可能です、こちらは人数・年齢制限はないようです。第15回の開催日は2018年の3月10日です。

本場ハワイの2大イベントを東京で見られる?「フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ」

(ナヴァヒヴァ2016のコマーシャル映像)

日本大会優勝を果たし、本場ハワイの大会へ出場する……それとは逆、とまでは行きませんが、2017年に東京で行われるイベントの1つに、本場ハワイにおける2大イベントが共演するというものがあります。

まずは1つ、本場ハワイで行われるメリー・モナークという、世界最高峰のフラ競技大会の総合優勝者を筆頭に上位入賞団体が来日し、日本のステージで本場のフラを再現します。

そして2大イベントのもう1つ、「ナ・ホク・ハノハノ」とは音楽賞であり、「ハワイのグラミー賞」とも言われています。

ハワイにおいては全土で授賞式が中継されるなど、こちらも大規模なフライベントとして本場ハワイで注目を集めています。その2大イベント出演者のの共演がこの「フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ 2017」なのです。出演者はメリー・モナーク・フェスティバル上位入賞団体とナ・ホク・ハノハノ・アワーズ受賞者で100人以上の出演者が来日します。

開催日は2017年の9月16日に昼の部(12時)と夜の部(16時30分)、9月の17日に同じく昼の部と夜の部、9月の18日は昼の部が11時から、夜の部は15時30分からとなっております。会場は東京都水道橋にある東京ドームシティホールです。

フェスティバル・ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ 2017:http://nahiwa.com/2017/

まとめ

以上の5つが2017年から2018年に東京で行われるフライベント・ハワイアンイベントの一部です、勿論まだまだ東京で行われるイベントはありますし、東京だけでなく日本各地でフライベントやハワイアンイベントは行われています

日本でのハワイアンイベントは年々活気を増しており、日本のフラ大会優勝者が本場ハワイでの大会に出場するなど、フラを通じてより日本とハワイの絆が強くなる事でしょう。これらのイベントの殆どはある程度の経験があり、どこかのチームに所属していれば応募する事で出演できる場合が多く、折角フラを習ったのに披露する機会がないといった方でも、観客の前でステージを披露する事ができます。

また、大抵のハワイアンイベントやフライベントでは確実に無料ないし初心者向けのフラ教室などが開かれています。フラは経験がない、習い事には通えない、もしくは余裕がないという方は、こういったイベントであればお気軽にフラを体験することができるでしょう。

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

メリー・モナークとミス・アロハ・フラについて知りたい!

動画もたくさん!本場ハワイで行われるハワイアン・フラの祭典

ハワイアン・フラダンスの基本動作を学ぶ動画4選!

フラダンスのイベントについてご紹介します!

フラダンスで使用するステップの種類を紹介します!

本場ハワイで活躍しているフラのダンサーにどこで会える?