ワイキキでハワイの伝統的なダンス、フラダンスを体験・鑑賞しましょう!

フラ」はハワイ語でHula、意味がダンスであることから、プロの間では「フラ」と呼びますが、一般に名詞「ダンス」を補って、「フラダンス」と言います。フラダンスはハワイの伝統的で神聖な舞踊です。そんな素敵なフラダンスショーは、ワイキキビーチで無料で見られます。ワイキキへ旅行・留学の予定がある方の為に、その会場を紹介します。そして、フラダンスを楽しみましょう。

ワイキキの世界へ

日本人に大人気のハワイはハワイ島、カウアイ島、オアフ島、モロカイ島、ラナイ島、マウイ島、カホオラウェ島、ニイハウ島8つの島と諸島によって構成されています。今やハワイ観光の中心となっているワイキキはオアフ島南部に位置しています。「ワイキキ」はハワイ語でWaikiki、「水が湧き出る場所」という意味です。

ワイキキは昔は湿地帯であったことから、Wai (水) とkikī (流れる) を結合して、「ワイキキ」という名前が付けられたのです。19世紀末までハワイは独立国で、土地所有の概念がありませんでした。

しかし1846年には、条例「グレートマヘレ」が施行されて、土地の所有権が定められました。

その時、ワイキキの大方の土地はアメリカのものとなりました。そして、1898年にハワイがアメリカの自治領として併合されました。3年後の1901年に、大型ホテル「モアナホテル」が開業しました。以来、「ロイヤルハワイアンホテル」や「ハレクラニホテル」など、土地外資本でどんどんホテル建設は進んでいきます。ハワイといえば定番のワイキキビーチは近年になって侵食が深刻化し、砂の流出が問題になっているということで、ビーチの拡張工事が行われています。

拡張工事は初めてではなく、例えば、砂浜を回復させるために、1920年代~1930年代に、オアフ島北部や、カリフォルニア州の砂浜などからワイキキビーチまで砂が運ばれています。

ワイキキビーチの新拡張工事はもう2012年に終了しました。ビーチの一部区間が工事期間中に閉鎖されていましたが、終了後は広くなりました。美しいワイキキビーチの復活です。一緒にワイキキの海を楽しみましょう。

ワイキキビーチで無料でフラダンスショーが見られるお得な情報

1.   ワイキキの中心にある最大のショッピングセンター「ロイヤルハワイアンセンター」、その中央にあるロイヤルグローブで、無料のフラダンスショーを見ることができます。毎週火、水、木曜日の週3日は18:00~19:00、金曜日のみ19:30まで開催しています。

それに、毎週の土曜日18:00~18:30にカヒコのフラダンスショーも無料で見られます。「カヒコ」はハワイ語でKahiko、「古代の、古い」という意味です。カヒコのフラダンスショーとはハワイの神話や歴史などを想像しながら、体で表現することを目的としています。一般に鮫の皮で作られたパフドラムを叩いてリズムをとります。

地方によっては、ダンサーがイリイリ(石のカスタネット)や、カラーアウ(棒)でリズムをとるケースもあります。普通のフラダンスと違う衣装はもちろん、精力的な踊りとともに心打たれるストーリーがカヒコのフラダンスの魅力です。 

2. ロイヤルショッピングセンターの隣のワイキキビーチウォークでも無料でフラダンスショーが見られます。毎週火曜日16:30~18:00に「クー・ハアへオ」というイベントで子供と大人のフラダンスショーが見られます。このフラダンスショーはワイキキルワーズ通りの芝生のステージで行われています。芝生に座って、近くでフラダンスショーを見るのは素敵です。 

3. デューク・カハナモク像の横の芝生の野外ステージで夕暮れ時に1 時間程度のフラダンスショーが見られます。毎週火、木、土、日曜日の週4日18:30~19:30に開催しています。11月から1月までは18:00~19:00に開催していることになっています。このフラダンスショーはホノルル市が主催しているので無料です。出演者はハワイでフラダンスを習っている生徒さん達です。日によっては、大人から子供までも踊ります。海に沈む夕陽とともにフラダンスショーを楽しめるのはこのロケーションの魅力です。 

4. ピングプラザのプアレイラニ・アトリウム・ショップスのグレート・ホールで、無料のフラダンスショーとポリネシアンショーを見ることができます。毎週平日19:00~21:00に1階と3階で15間隔で開催しています。ここのフラダンスショーはファイアーダンスまで見られます。ハスキングという火を起こして、驚くほど間近で迫力があるポリネシアンショーを見られるところです。そのうえに、レイ作りやポリネシアンタトゥーなどの体験もできます。 

5. ヒルトン、ハワイアンヴィレッジのスーパー、プールで毎週金曜日に「ロッキン・ハワイアン・レインボー・レビュー」というフラダンスショーと花火が無料で開催しています。フラダンスショーの開催時間は19:00~19:45で、花火は19:45に始まります。ここのショーはフラダンスを中心として、ウクレレやシンガーのパフォーマンス、ファイヤーダンスを織り込んだハワイアンショーです。もしドリンク付きチケットを購入すれば、プールサイドのビーチチェアで艶やかなフラダンスショーときれいな花火をゆっくりと楽しむことができます。チケットを購入せず場合には、無料でそこから少し離れた位置から見ることになります。花火ならどこでもきれいに見えます。 

6. シャラトンワイキキホテルの「インフィニティ・プール」の前で、フラダンスショーを無料で見ることができます。毎日18:00~20:30に開催しています。日によっては、フラダンスショーの代わりにハワイアンミュージックの生演奏のときもあるということです。このフラダンスショーはレストラン「カイ・マーケット」とバー「エッジ・オブ・ワイキキ」で食事をしながら楽しむことができます。もちろん、そのまま立って見ることもできます。

ロイヤルハワイアンゼンター公式サイト:http://jp.royalhawaiiancenter.com/

初めてでも大丈夫、フラダンス教室を体験しましょう

盛り沢山な無料で見られるワイキキのフラダンスショーの会場情報を見たあと、一緒に体を動かしてフラダンスを楽しみませんか。今までにやったことはないけれど、興味があれば誰でも参加できる無料のフラダンス教室を紹介します。 

1. ワイキキの中心にあるロイヤルハワイアンセンターでは、B館とC館の間にあるロイヤルグローブで週に2回、フラダンス教室を体験することができます。毎週火曜日11:00~12:00、そして木曜日16:00~17:00にフラダンス教室が無料で開催されています。外でハワイの素敵な陽射しを浴びながら、1時間のフラダンスレッスンです。動きや振り付けの説明はすべて英語で話しますが、簡単なことばだけなので大丈夫です。参加費と予約は全部不要です。直接教室の場所に集まって、お名前をファイルに記入して気軽にご参加ください。 

2. ハワイのランドマークの一つ「ハイアットリージェンシーワイキキビーチリゾート&スパ」では、1階にあるグレートホールで週に1回、宿泊者以外でも参加できるフラダンス教室を体験することができます。毎週金曜日16:30~18:00にフラダンス教室が無料で開催されています。明るく気楽な雰囲気でフラダンスを楽しむことができる教室です。ワイキキで観光をする時に立ち寄って、フラダンスを体験するのはいかがでしょうか。

まとめ

年齢や性別にかかわりなく、誰でもフラダンスを楽しめます。今回、一番日本人に馴染み深いワイキキで無料のフラダンスショーが見られる6会場と、フラダンスが無料体験できる2つの場所を紹介しました。

ハワイへ行った時、ゆっくりとフラダンスショーを見たり、フラダンスをしたりするのは最高なのではないでしょうか。

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

フラダンス教室は日本全国300!?フラダンス教室に通うまでの心得

日本全国のフラダンスショーをエリアごとに紹介

フラダンスでよく使われる用語の意味をご紹介!

日本全国のフラダンスサークルをエリア別に2選

クラス分けから自分に合ったフラダンススクールを見極める!

メリー・モナークとミス・アロハ・フラについて知りたい!