日本でも話題のタヒチアンダンス!フラとの違いは?

ハワイと言えばビーチやショッピングの他にフラダンスを連想される方も多いのではないでしょうか。以前映画のテーマとなったこともあり、映画は大ヒットでした。フラダンスとは別に最近注目されているのがタヒチアンです。タヒチアンとフラダンスの違いを紹介します。

そもそもフラダンスとは何か

フラダンスとは、ハワイに古くから伝わる伝統的なダンスです。ハワイでは今も物語や伝承という形で語り継がれているように、多くの神が存在しています。海や山の神、太陽や空の神、自然、生き物や生活など全ての物事に対して神が存在していたと言われています。

この点は日本の神道の考え方と少し似ています。そこで、まだ文字の文化を持っていなかったハワイの人々が、神様に対して感謝の気持ちや敬意を表すための儀式を行いました。神を讃えて祈ることや、踊りを捧げることがこの儀式の一環でした。これがフラダンスの起源であると言われています。この当時はハワイの人々は文字の文化を持っていなかったので、フラダンスの中に様々な意味を込めた振り付けを行っていました。言葉では伝えられない感謝や思いをフラダンスとして表現してきたのです。

現代に受け継がれているフラダンスも同じで、頭の先から爪先まで、非常に細やかな動きを利用しています。こういった動きや仕草、表情に様々な思いが込められていると言われています。普通のダンスでは、音楽に合わせて踊るという形式のものが多いです。しかしながらフラダンスは、使われる曲の意味や内容を踊ることで表現しています。

そのためフラダンスをいきなり練習するのではなく、曲の内容、意味、ストーリー等を理解することから始める必要があります。最初からダンスの練習をするのではなく、曲の意味を理解し勉強するところから始める方も多いです。

曲の内容としては愛する人に捧げる歌や、家族に捧げる歌、ハワイの情景を歌ったもの、喜びの歌等が多いです。いずれも毎日の生活の中で感じる気持ちを反映していることが多くなっています。

こうした内容をしっかりと踊り手が理解していることで、表現が深まり、魅力的なダンスになると考えられています。フラダンスの中にもいくつか種類があります。古典的なスタイルの「カヒコ」と、現代的なスタイルの「アウアナ」です。ヨーロッパとの接触以前、ハワイでは踊らない詠唱と言われているメレ・オリ、踊りを伴う詠唱のフラ・クイの2種類がありました。

その後、1970年代になると伝統的なフラ、歌付きのフラを分けて考えるようになりました。こうして古くからの姿を色濃く残すカヒコ、新スタイルのアウアナと分けて判別するようになりました。カヒコは、古代のポリネシア人の宗教観が反映されています。宗教的な意味や儀礼的な意味が非常に強い厳粛なダンスです。使われている楽器は、イプヘケやパフドラム等です。イプヘケは瓢箪のことで、リズムを取るのに使います。

パフドラムという楽器は、サメの皮で作られた打楽器で、ダンサーもこういった楽器を使用してリズムを取る場合があります。イリイリ(カスタネット)、カラーアウというタケの棒を使用してリズムを取ります。ハワイ語でメレという呪文のようなものが唱えられ、それに合わせたダンスが演じられています。カヒコは神への捧げものです。公式の場で宗教儀式としてカヒコはたまに行われますが、とても厳粛で、南国の陽気な雰囲気はありません

アウアナは19世紀以降、ヨーロッパの音楽の影響を受けて創りだされた新しいフラダンスです。テレビや観光地で目にする機会が多いダンスは殆どがアウアナです。古典形式と異なっている点は、ヨーロッパの教会やクラシック音楽化によって整えられた、機能和声に基づくメレです。機能和声は古代のハワイでは表現できな類のものです。

アウアナの場合、楽曲のレパートリーは固定されません。今も新作が作り続けられています。日本でフラダンスが注目されるようになったきっかけは、常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾートハワイアンズ)が開園したことと言われています。

ただし、当初はアウアナのみの扱っていました。また一部はタヒチダンスでした。こういった経緯から、日本では長い間フラダンスといえばアウアナ、というように、古代ハワイ文化のフラダンスが正しく認知されていませんでした

しかし、1990年代から、カヒコへの注目が高まります。現在ではフラダンススクールやレッスンで、アウアナと共にカヒコも指導されています。

タヒチアンダンスとは

タヒチアンダンスとは、フラダンス同様にポリネシア人が持ち込んだダンスの一種とされています。大昔にポリネシア人らはトンガ、サモアといった地に移住しています。今で言うところのポリネシア文化の起源がここで出来ています。そして、ポリネシア人はさらなる自由を求め、カヌーを使用して太平洋へと渡って行ったと言われています。

その航海の中で最初に辿り着いた場所というのが、タヒチです。それに類する美しい島々にもポリネシア人は渡っていきました。こうした島で、ポリネシア人たちが神様に対してお祈りをする時や、娯楽として仲間と踊っていたダンスがタヒチアンダンスの起源であると考えられています。ハワイにおけるフラダンスも、ポリネシア人が大きく関係していると言われています。ではこのタヒチアンダンスとフラダンス、どちらが先に生まれたのでしょうか。これはポリネシア人の動きを見ていくとよくわかります。

ポリネシア人らがタヒチに移住し、数百年が経つとタヒチアンとなった子孫らが再び太平洋に進出します。その中でも北部へと向かっていった人々はやがてハワイ諸島へ辿り着きました。こうしてハワイにタヒチアンダンスやポリネシアの文化が流れ着きます。

この文化がハワイの地で独自に進化、発展することで、生まれたのがフラダンスです。つまり、フラダンスのルーツはタヒチアンダンスにもあると考えられます。タヒチアンダンスはフラダンスより先に生まれていたのです。フラダンスと比較すると、タヒチアンダンスは太鼓の音と激しいダンスが大きな特徴となっています。フラダンスといえばゆったりとした動きと踊りをイメージしますが、タヒチアンダンスはそれとは対象的な印象を持っている方も多いはずです。基本的にはこういったイメージで間違ってはいません。

しかしながら、フラダンスに「カヒコ」と「アウアナ」の2種類があるように、タヒチアンダンスにも「オテア」と「アパリマ」の2種類があります。

オテアという踊りは、パーカッションやドラムの早いテンポに合わせて激しく踊る踊りのことを言います。リズムのみで腰を激しく動かす踊りです。このスタイルはフラダンスにはありませんタヒチアンダンス独自の動きや概念となっています。

もう一つのアパリマは、「手で表現する」という意味のダンスです。歌に合わせて、ストーリーを手の踊りとステップで表現して踊ります。音楽はスローテンポで、歌が入っているものが使用されます。セクシーさがあるものも多いです。アパリマがフラダンスの起源になっていると言われているのです。スローテンポな曲や、内容を踊りで表現する点等はフラダンスとよく似ています。さらに、フラダンスとタヒチアンダンスでステップでの呼び方は異なるものの、全く同じ動きをするものもあります。こういったことは、共通の先祖を感じさせますね。

しかしこのタヒチアンダンスはフラダンス同様、19世紀頃にやってきたキリスト教の宣教師によって禁止されてしまいます。ポリネシア文化特有の官能的なダンスは、キリスト教の規律に違反していたのです。それ以降数十年間は、タヒチアンダンスを踊ることは制限されていました。しかしながらタヒチに住まう人々は、密かにダンスチームを結成して、いつかくる解放のときを待ち、ダンスの伝統を守っていました。

20世紀に入り、抑圧されていた文化が取り戻されます。また1950年代になると、モウアという女性がヘイヴァというダンスグループを結成します。これを機に、公の場でダンスを披露する機会が増えていきました。古代のイメージとは異なる、女性らしい綺麗さと優雅さを取り入れた新しいタヒチアンダンスが広まりました。

その後は、ヘイヴァ出身のダンサーが様々なグループを作ります。ダンスコンクールや大会などでそれぞれのグループが競うようになっていきます。そうしてタヒチアンダンスは盛り上がり、次第に欠かせないものとなりました。1984年にフレンチポリネシアでの自治が認められると共に、7月に行われていたお祭りの名称は「ヘイヴァ・イ・タヒチ」と改められます。そこでのタヒチアンダンスが再興の兆しを見せ、今へと繋がっていきました。

公式な祭典等でタヒチアンダンスは現在も披露されており、タヒチの文化の一つとして今日も愛されています。タヒチアンダンスはフラダンスと比べるとセクシー、激しいドラムのビート、スローテンポな曲等があり踊りの種類は3種類と言われています。衣装はセクシーなデザインの物が多いです。ドレスやパレオ、ココナッツブラ、自然素材の羽根、花、貝などを組み合わせて使用します。

フラダンスで使う筋肉

フラダンスは深い歴史を持つ他にも、健康やダイエットに効くということで日本では注目されています。フラダンスの最中は基本的に常に腰を振り、テンポを取りながらダンスをしているということになります。

つまり常にインナーマッスルと呼ばれる筋肉を使用していることになるのです。ゆったりとした動きとは相反して、意外にも部分的に筋力が求められるハードなダンスと言えるでしょう。また、それにプラスして低い姿勢で立つことや、両手を水平にして片足だけで立つといった足腰をしっかりと使うポーズが多いです。低い位置に腰をキープするのには必ず太ももの筋肉が必要になってきます。空気椅子をしたことがある人はおわかりでしょうが、それだけ筋肉をよく使用する体勢となっています。

また基本ステップにも気が抜けません。「カオ」と呼ばれている基本のステップですが、これにも筋肉をしっかりと使用します。フラダンスの教室などでレッスンを受けると、先生からの指導でよく「5センチダウン」や「もう少しダウンしてみましょう」と言われます。最後の方になると、しゃがむ寸前のところでステップをする場合もあります。この時は足とお尻の筋肉を使用します。フラダンスに慣れていない人だと、これだけでもかなり汗だくで翌日筋肉痛になってしまうこともあるのです。

また、フラダンスは姿勢を維持するのが難しいです。ダンスの性質上、基本身体を上下に動かすことはありません。足は常にステップを踏みます。上下の動きがないのに、左右の動きがあるということは、膝のクッション性がポイントとなるのです。膝がクッションとなり、上下の動きを抑制、吸収しています。スキーのモーグルの選手の足元を見るとわかるように、彼らの動きもまた上下の動きが少ないです。

あれは滑る斜面や雪面が凸凹としており、その衝撃をいかに吸収し速く進むかが重要となっています。競技中のモーグルの選手はジャンプする時以外、膝は細かく動いていますが、フラダンスの動きはあの膝の動きに近いものがあると言っても過言ではないです。フラダンスの場合はこれに更に手のモーションが追加されます。手や腕のモーションはゆったりとして大きく、視線も手の先を見ながら動いていきます。その反面、上半身の軸はぶれてはいけないのです。これは背筋がなければ出来ない動きです。

バレエの選手は踊る際に背筋がブレず、美しいシルエットを維持しています。これは背筋がしっかりと軸を持っているからだと言われています。しかしフラダンスに慣れていない人だと、背中が丸まりやすく、首がぐっと縮こまてしまいます。姿勢を意識しながら踊ることになるのです。フラダンスにはこうした独特の動きの背景から、太ももやお尻、背中の筋肉が必要になります。こうした筋肉のことを「フラ筋」と呼ぶ人もいます。

フラダンスではこうした筋肉を鍛えることができるので、ヒップアップ効果や背筋をピンと綺麗にする効果があるとも言われています。また腰を常に振りながらゆったりと動かしているということから、腰に綺麗なくびれが出来やすいとも言われています。

具体的に鍛えられる筋肉は背筋、大腿四頭筋、下腿三頭筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、外腹斜筋等などです。またフラダンスの場合は顔の表情も重要になります。笑顔で踊ることが大事なので、頬の筋肉や口角の筋肉も鍛えられ、たるみの防止に繋がるとも考えられています。食事制限をせずとも、筋肉を鍛えることで身体のたるみを抑制するので、健康的なダイエット法としても注目されています。

お洒落やファッションも体型が美しいとどんなものでも似合うので、「着る人が良くなる」ということを理解して学んでいる人も増えてきています。またフラダンスは心の癒やしにも効果的です。シェイプアップの効果の他には、ハワイアンミュージックに合わせてゆったりと踊るということからリラックス効果もあると考えられています。

ハワイの自然を感じながら踊れるようになると、心も体も落ち着き、表現力も身についていきます。またフラダンスの際に着用する衣装にも心理的な効果があります。普段はなかなか着ないような明るい色合いのデザインの服やスカートを着ることで、気分も自然と明るくなると考えられているのです。

タヒチアンダンスで使う筋肉

フラダンスと違い、タヒチアンダンスは動きの切れが重要になります。フラダンスはゆったりとした滑らかな動きがポイントとなりますが、タヒチアンダンスは激しさが特徴です。映画「フラガール」の中にも登場するタヒチアンダンスは、激しさや情熱的なダンスが注目され、女性も興味津々でした。

映画の中で最も激しいダンスのシーンがタヒチアンダンスのシーンなのです。オテアのダンスシーンは常磐ハワイアンセンターも認めるタヒチアンダンスのシーンです。腰の動きが力強く、速く、激しいので上半身がブレやすくなってしまいます。

こうした姿勢をキープするのに必要なのは、腹筋です。タヒチ筋と呼ばれている筋肉は、脇腹にすっと縦に出るラインです。美しく引き締まったお腹周りの証拠にもなります。またタヒチアンダンスは動きの激しさから全身の筋肉を使用するとも言われています。レッスンだけでなく、毎日の筋トレが重要です。腹筋や背筋、腕立て伏せと言った形で筋肉が付くと、ステップやダンスに少し安定感が出てきます。

前と横、下の腹筋をそれぞれ様々な形で使用するので、腰回りやお腹周りの筋肉も自然に引き締まります。腹筋が軽く割れている女性も多く、バキバキの腹筋にもならないので、むしろ魅力的だと憧れる女性も多いです。またフラダンス同様に、体幹筋、背筋といった身体の軸を整える筋肉が鍛えられます。特に体幹筋は、身体の中でも大きな筋肉に分類されます。基礎代謝量が多い体の部位となっています。基礎代謝量が増えていると、何もせずとも身体の消費カロリーが増加します。つまり自然と痩せやすい身体になっていくのです。

また、体幹筋は姿勢を自然と良くしてくれる効果があります。特定の部位だけを鍛えるわけではないので、バランスの良い健康的な身体に変化していくのです。またタヒチアンダンスはダンスとしての動きが激しく、普通の運動のような有酸素運動の効果を得ることも出来ます。有酸素運動をすることで、使用エネルギーが等から脂肪へと切り替わっていきます。そうすると脂肪の燃焼に直接繋がっていきます。

ダイエットとして効果的に利用できる他、自然と身体がダイエット向きな健康体へと切り替わっていくので、体型の維持も一度慣れてしまえば難しくありません。タヒチアンダンスの基本の動きはタイリタマウと呼ばれているものです。簡単なステップの一つで、まっすぐ立ち、かかと同士をつけます。つま先のV字に開いて立ちます。両手は腰に置いて、膝を少し曲げます。この時に気をつけるべきポイントは、背筋を真っ直ぐ、天井から突っられているように伸ばしたまま腰を下げるということです。

この姿勢は前述した体幹筋を使います。筋肉が緊張している場合も多いです。この状態のままで、腰を左右に振るとタイリタマウという動きの完成です。これは慣れると自宅で一人の時に出来る動きなので、姿勢を意識しながら習得していくと良いです。

その他、少し吹きう雑な動きだと「ファーラプ」というものがあります。タイリタマウの時と同じように上半身を真っ直ぐに伸ばし、膝を軽く曲げ、次に左右の膝をそれぞれ曲げたり伸ばしたりしながら腰を回していきます。少し激しい動きですが、体幹がぶれないようにすることが大事です。

お尻や腰を動かす際に、足は使わず、腹筋や背筋のみを使用することを意識しましょう。視線もまっすぐ前で姿勢を意識してください。この動きがファーラプとなります。フラダンスと違い、激しさがあるダンスなので、いきなり習得は難しいですが、姿勢を意識しながら続けると確実に効果は出てきます。こうした点からタヒチアンダンスはシェイプアップやダイエットにも効果的であると言えるでしょう。

リズムのテンポが速く、太鼓の音に合わせて腰を回したりステップを踏んだりします。こうした鍛え方から、O脚の解消やインナーマッスルの筋力増加等、美しい体のラインに仕上がっていきます。血流が上がるので、凝りなども改善されると言われています。

ストレス解消にも効果的です。タヒチアンダンスの特徴としてリズミカルな音楽に合わせて身体を動かすことが出来るという点があります。爽快感を得ることが出来、ストレス解消にも高い効果を期待することが出来るのです。普段は着ることがない鮮やかな衣装や派手な衣装を身に付けることでも楽しむことが出来ます。

フラダンスとタヒチアンダンス、どちらの方が良いか

映画「フラガール」が公開されていからというもの、フラダンスやタヒチアンダンスへの関心が日本でも高まっています。フラガールでは主人公たちがフラダンスを一生懸命踊る姿に心打たれた人も多く、日本では全国的に見てもフラダンスを踊っている人の方が多いです。教室もフラダンスを専門としているところが多くあります。

しかしながら、近年ではダイエットの方法としてタヒチアンダンスが注目されているというのも本当です。見ればわかるでしょうが、激しく腰を動かす踊りが何分間も続きます。この運動量は普通のダンスとは桁違いでしょう。特に腹筋や側近、股関節の周りの筋肉をしっかりと使用しています。身体の代謝が上がり、発汗効果も抜群です。

腰やお腹、足など、身体の様々な部分が引き締まります。しかしながらフラダンスも運動量が少ないわけではなく、普段使わない筋肉がしっかりと付きます。また腰や手足をゆっくり柔らかく動かすので、インナーマッスルや体幹を鍛えることが出来ます。集中力も必要になります。そのため、フラダンスはじんわりと汗をかきながら体幹を鍛えることが出来るというイメージです。どちらもそれぞれ特徴があり、目的や目標に応じて選ぶことをおすすめします。

ちなみに沖縄県ではプアヒナノという教室のダンサーがレベルが高いことで有名です。世界レベルとも言われているダンサーたちが集まっており、スキルの高さが魅力です。国内で開かれているダンスの大会の中では、常に上位に名を連ねています。海外で行われている有名な大会にも参加し、ソロの部や群舞の部で様々なタイトルを受賞しています。

日本では少ない、「タネ」と呼ばれる男性のダンサーが多く在籍していることでも有名です。美しいスタイルと綺麗な腰つきで踊る女性のダンサー「ヴァヒネ」とタネの息の合ったパフォーマンスは圧巻です。プアヒナノは日本トップクラスのダンサーを育てているスタジオとしても全国的に知られています。このプアヒナノが1年に1度のみ開催している「ホイケ」と呼ばれている発表会は魅力的です。

沖縄で毎年開催されているので、フラダンスやタヒチアンダンスに興味が湧いている人は旅行等で訪ねてみるのも良いです。また都内でも人気のNOAダンス教室などでは、タヒチアンダンスの教室も開講しています。本格的にレッスンを受けてみたいと考えている方には、こういった教室でダンスを学ぶのもおすすめです。

その他フラダンスやベリーダンスといったレッスンも開講されています。タヒチアンダンスやフラダンスは独学で学んだり友達に教えてもらえるほど簡単なものではないので、もし始めたいと考えたのであれば、専門の教室で学ぶことが一番良いです。ダンスのコツだけでなく、意味や音楽のストーリー性を理解しながらダンスを学ぶ事が出来ます

まとめ

いかがでしたか。フラダンスとタヒチアンダンスの違いや、その歴史について紹介しました。フラダンスもタヒチアンダンスもそれぞれ特有の歴史や個性を持っています。タヒチアンダンスの場合は、フラダンスよりも歴史が深く、フラダンスのルーツにもなっています。

歴史の深さやそのダンスの意味をそれぞれ考えながら踊ることで、日本以外の文化に触れてみるのも大事なことです。神を讃えて祈ることや踊ることが起源となっているのはフラダンスもタヒチアンダンスも同じです。何かに感謝して、そのために捧げるという踊りは、ポリネシア人やハワイの人々の精神を映していると言っても過言ではないでしょう。フラダンスもタヒチアンダンスもそれぞれその踊りの中に言葉では伝えられないような感謝の思いや、祈りを込めています。手の動きやステップが全て意味を持っており、そこに当時の人々の思いや考え方を読み取ることが出来るのです。

フラダンスの場合は、古典的な「カヒコ」というダンスと、現代的な「アウアナ」というダンスの2種類があります。どちらも形は異なっていますが、それぞれの良さを持っています。カヒコの場合は詠唱を伴うダンスとして、現在も厳格なダンスの一種に分類されています。宗教的な意味や儀礼的な意味を持つ厳格なダンスとして、今日でも慎重に扱われています。

アウアナは、現代風のダンスとして多くの人々に知られています。アウアナは19世紀以降に欧米の音楽を組み合わせて作られた踊りです。新しいフラダンスとして知られ、映画「フラガール」や観光ホテル等で披露されているのはこのタイプのダンスになります。教室で展開されているダンスも、殆どがアウアナです。カヒコもありますが、多くの方がアウアナを受講しています。アウアナは腰や太腿の筋肉が必要とされるダンスで、ゆったりとしたスローテンポな動きが大きな特徴です。じんわりと汗をかきながら踊るダンスなので、ダイエットとしても注目されています。

一方のタヒチアンダンスは、ポリネシア人がタヒチに持ち込んだダンスの一種とされています。タヒチに渡ったポリネシア人の子孫が、後に太平洋を航海しハワイへ渡ったことでフラダンスという文化が生まれますから、タヒチアンダンスはフラダンスのルーツにもなっています。

タヒチアンダンスはフラダンスと比較すると激しいものが多く切れを求められます。タヒチアンダンスもフラダンスと同様に2種類のものがあり、「オテア」と「アパリマ」に分かれます。オテアはパーカッションなどのリズムに合わせて激しく腰を揺らしながら踊るダンスです。アパリマはフラダンスの起源になっており、スローテンポなものを言います。タヒチアンダンスもフラダンスもその後よく似た経過を辿っています。

50〜60年の間、キリスト教の台頭によっていずれのダンスも規制されますが、フラダンスを愛したハワイの王様や、タヒチアンダンスもの伝統を密かに守り続けたタヒチの人々によって、ダンスは再興を果たしていきます。各民族のそれぞれのダンスへの強い思いや、宗教的な考えが強く人々を動かしたのではないでしょうか。

今日では当たり前のように愛され、ダイエットや健康法としても認識されているフラダンスとタヒチアンダンス。その歴史やそれぞれの曲の意味をよく理解しながら踊ってみることで、一つの趣味や特技の垣根を超えた学びに繋がっていくかもしれません。ダイエット目的や健康のためというのが入り口でも構いませんが、フラダンス、タヒチアンダンス、それぞれの良さを理解して踊るとなお良いでしょう。

 

 

 

 

 

こんなフラダンス関連記事も読まれています

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ハワイのフラダンスの全てを歴史を紹介!タヒチアンとの違いとは?

ハワイアン・フラダンスの基本動作を学ぶ動画4選!

日本全国のフラダンスショーをエリアごとに紹介

フラダンス最初の一歩!ステップをマスターしよう

フラダンス教室は日本全国300!?フラダンス教室に通うまでの心得

フラダンスを始めよう!迷えるハワイアンの衣装選びQ&A