生地の激安ショップ3選

沿って | 2020年5月2日

パウスカートの作り方

手作りフラダンス衣装の生地を扱う激安ショップを紹介する前に、フラの衣装で使用する生地について簡単に説明しておくと、パウスカートを手作りで製作する場合は、コットン35%、ポリエステル65%の伸び縮みしない生地を使います。柄に関しては、自身の好みを使用してください。フラダンスの衣装ではハワイアンやトロピカルな柄の生地を使っている衣装も多いですが、最近ではシンプルでシックなものもあるので、自分好みの柄選びましょう。そして生地の大きさですが、一般的に4ヤード、メートルだと約3.6mの生地が作ります。中にはもう一つサイズの大きい5ヤード(約4.5m)を使用することもあります。

パウスカートショップ

http://www.pauskirtshop.jp/

1店目は、他のページでも何度も紹介している「パウスカートショップ」です。フラ用品専門通販ショップということもあり、フラダンス衣装であるパウスカートから装飾品のレイまで幅広く販売しています。そして、パウスカートを手作りしたい人のために生地の販売も行っています。ここでは、単色から柄やプリント、グラデーションの入った生地を扱っています。また生地の種類ごとに分けていたりします。またフラ衣装でよく使われるハワイアンファブリックも扱っています。豊富な種類を揃えているので、好みの柄を探すことができます。

アロハアウトレット

https://www.alohaoutlet.com/jp/ja-jp/default.aspx

2店目も、他のページで何度か紹介した「アロハアウトレット」です。ここでは、ハワイアンファブリックを取り扱っており、ハワイから直接送ってもらうことができます。そのため現地の価格で購入することができます。また一定の額以上の購入をすれば、送料や関税、消費税も0円で送ってもらうことができます。またフラ衣装用の生地を販売しているので、生地の購入もわかりやすくなっています。

Makani Hawaii

http://www.makanihawaii.com/

3店目は、「Makani Hawaii」です。ここではハワイアンファブリックが販売されています。ハワイ好きが高じてハワイに移住した人が、ハワイで売られている生地を販売しています。ハワイでは、ハワイアンファブリックとして様々な柄の生地が売られています。そのどれもが、一度作られたら、もう一度作ることはほとんどないため、一度出会ったら、もう一度出会うのは難しいと言われています。そんな生地をリーズナブルな価格で日本人向けに販売をしています。フラ衣装を手作りしている人のなかには、よく利用している人も多い通販ショップです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です