パウスカートとは

沿って | 2020年5月2日

フラダンスの必須アイテム

通常フラダンスの練習に靴はいりません。レッスンの時にムームーを着て踊るということはあまりありません。通常はトップスとしてTシャツにパウスカートを合わせることになります。Tシャツは普段着ているもので良いでしょう。普通はフラダンスをやっていない人がパウスカートを持っていることはあまりありませんので、フラダンスを始めるためにはパウスカートを買うことが必要になります。

パウスカートとは?

パウとはハワイ語で“スカート”のことを意味しており、パウスカートと呼んでしまうと“スカートスカート”という意味になってしまいますが、当サイトでは日本語として一般化していることから敢えて「パウスカート」と呼んでいます。パウスカートはフラを踊るときに着用するスカート衣装です。ウエスト部分に3〜4本のゴムが入っていて、裾に向かってヒラヒラと末広がりの形が印象的なボリュームたっぷりのギャザースカートです。

フラダンスを踊るにあたって特徴的な腰の動きは、とても大事な要素です。ウエストを引き締めてみせてくれるギャザーたっぷりのパウスカートをはいて躍ることでフラダンスの独特で美しい腰の動きがより強調されます。

その形状のほかにパウスカートで特徴的なのは、その鮮やかな色合いと華やかな模様です。トロピカルなリーフ柄や花模様や、伝統的な意味合いをもつものまでそのバリエーションは豊富です。レッスン先に規定がなければ、せっかくなので自分のお気に入りのデザインのパウスカートを着用すると良いでしょう。お気に入りのパウスカートというだけで楽しい気分になるものです。

パウスカートのはき方

フラダンスはもともと神様や王族に捧げられた神聖な踊りです。そのような歴史的な経緯から足からはくものではなく、頭から着るものだという考え方があります。実際には、そのような歴史的な経緯とは関係なく、パウスカートは外で着ることが多かったので汚さないように頭から着たとも考える人たちもいます。

パウスカートを頭から着なくていけないと考えると先生と、現代は下からでも問題ないと考える先生がいるようですので、初めて行く教室の場合には先生や周りの生徒さんに聞くか、周りの様子を観察するようにしてください。

また、同様にパウスカートを履いたまま食事やトイレを済ませたり、外へ出かけることも無礼にあたるという考え方もあります。この場合は、基本的に中にはタイツなど短めのパンツを履いておき、その場ですぐに脱ぎ着できるようにします。さらに神聖なパウスカートを洗濯してはいけないという考え方もあるようですが、最近では大会前以外は普通に洗濯するケースが多いようです。

パウスカートの種類

オーソドックスなのはシングルパウスカートとダブルパウスカートです。布の枚数によって呼び方が異なっています。他にも、セミダブルやフリル、フリルを縫い付けたリヒリヒ、別の生地が円状に縫い付けられたポエポエ、バイアステープがついてるパイピング、フリルで切り返すティアード、切り替え、二十重ねのリバーシブルなどがあります。腰ミノのようなスカートもありますが、あれはラフィアフラスカートと呼ばれるものでパウスカートとは異なります。

選び方

好みの生地色や柄

パウスカートの柄は、柄が生地全体に描かれている「総柄」と縦あるいは横方向に描かれている「ボーダー柄」の大きく分けて2種類あります。可愛らしく、愛らしいイメージが良ければ赤やピンクの生地に花柄でも素敵ですし、フレッシュで元気なイメージにしたいのであれば、黄色やオレンジ色の生地に緑のリーフ柄も合うでしょう。

曲に合わせて

好みのほかに曲に合わせてパウスカートを選ぶ方法もあります。フラダンスは歌の内容を表現したダンスなので、パウスカートも歌に合わせて選ぶと素敵です。「カ・ウルヴェヒ・オケカイ」という海の曲なら水を連想させる青い色のパウスカート、山々の美しさをうたった曲なら緑色のリーフ柄、愛の歌ならピンクや赤という風に合わせてはいかがでしょうか。

さらに、ハワイは主に8つの島から成り立っていて、マウイ島はピンク色でロケラニの花といったようにそれぞれの島にアイランドカラーや島の花が決められていますので、曲の舞台によって選んでみても面白いですね。

サイズ選び

最後に、サイズ選びのコツですが、スカートの丈は身長に合わせて選ぶようにしましょう。パウスカートはスカートがステップに合わせて美しく揺れるように腰骨のあたりで浅く履くのが一般的です。なおかつ床面からスカートの裾までだいたい20〜25センチ程度が最も脚が綺麗に見える長さだと言われているので参考にしてみてください。長めの丈は大人の落ち着いた印象、短めははつらつとしたフレッシュな印象を与えます。

パウスカートの丈やゴムの本数や間隔などは、見た目だけではなくパウスカートの揺れ方にも大きく関わってきます。パウスカートそのものの見た目の好みだけではなく、ダンスの見せ方の好みも考えながら選んでみましょう。

ゴムの本数

なお、ゴムの本数に関して補足しておくと、本数が多いほど激しい動きでもずれないため、日本では4本ゴムが一番人気です。しかし、ハワイでは3本ゴムが一般的ですし、日本でも教室によっては1本ゴムや2本ゴムなど指定される場合があります。教室が推奨する仕様と本数が違うパウスカートをはいていると、みんなで踊ったときに自分のスカートだけ動きが違って見えてしまいます。ゴムの本数を選べるパウスカートを買っておけば、そうした状況にも対応できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です