フラダンス楽器:イプヘケとイプ

沿って | 2020年4月24日

イプヘケ

ハワイアンショップ ラウナハワイ楽天店

イプヘケ(ipu heke)とは、ひょうたんを用いて作られた楽器です。イプ(ipu)はひょうたんを意味し、ヘケ(heke)は「一番の」「上の」という意味があり、イプヘケとは上にイプがついているイプという意味になります。ひょうたんの中身を掻き出した物を2つ重ねて、上の小さいイプに穴を開けて作る簡素な楽器、形はそのまま穴の空いたひょうたんです。底を床に打ち付けたり側面を手で叩いて音を出す打楽器であり、クムフラが使用する楽器の一つです。イプヘケは主にフラの伴奏に用いられ、ハワイ特有かつウリウリと共にハワイを代表する楽器です。

イプ

ハワイアンジュエリー アロアロ楽天店

ひょうたん1つで作られたものは「イプ」と言います。こちらは1つのひょうたんの頭(ひょうたんの括れの上側辺り)を切り落として作られます。こちらはダンサーが踊りながら叩くことでリズムを刻む楽器です。

イプとイプヘケの使い方解説動画

https://www.youtube.com/watch?v=tmPXdSp7NwE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です