フラダンス楽器:ウリウリ

沿って | 2020年4月24日

ウリウリとは

「ウリウリ」(`uli`uli)とは、ココナッツやひょうたんの中に種などを入れて振ることで音を鳴らす、シェイカーと呼ばれる打楽器の一つです。楽器としての使い方も作り方も、サンバなどでシャカシャカと小気味良い音を響かせるマラカスと共通していますね。イプヘケと同じくハワイを代表する楽器です。

ウリウリの見た目

ウリウリには花を模したかのように赤い羽根が取り付けられており、両手に持って「ガラガラ」という音を鳴らしている姿はフラでも印象に残りやすいのではないでしょうか。標準的な色合いは中央が黄色でそれを赤色の羽が囲うもの、それ以外にも茶色の羽根が使われたりもします。構造としては種などが入った部分が下で持つためのグリップを中央、その先に羽を取り付ける平らな部分があります。

ウリウリの握り方解説動画

https://www.youtube.com/watch?v=Ljccz8czvT0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です