フラ・ホオラウナ・アロハ:日本人向けフラの祭典

沿って | 2020年4月24日
https://www.hoolauna.com/

フラ・ホオラウナ・アロハは、もしかしたら世界ではあまり知られていないかもしれません。何故なら『日本のハラウのための、ハワイで開催される、フラだけのフェスティバル』だからです。とはいえ、他の国の人の参加を受け付けないというわけではありません。あくまで日本のハラウに向けたサービスが充実している、という話です。

例えば、この大会もハワイで開催されるフェスティバルですが、出発前の準備から現地滞在中まで、日本語でのサポートが常時受けられます。本場ハワイで行われるフェスティバルとしては、なかなかに珍しいですよね。フラは神との対話を行う神聖な儀式であり、同時に歴史や神話を次の世代へと伝える情報伝達のツールという一面もありました。伝統的な『フラ・カヒコ』から現代的な『フラ・アウアナ』の時代になっても、この本質は継承されています。この精神性の高さから、フラを通して癒しやリラクゼーションを得るという人も、徐々に増えています。

大会名であるフラ・オホラウナ・アロハは『フラ・本質の継承』『フラを通じての愛と友情』という意味です。フラという文化を通じて、日本とハワイが強い絆で結ばれることを願ってつけられたそうです。プロにアマチュア、経験や年数、年齢を問わず、フラの本質を追求する人なら誰でも参加できる大会です。コンペティションは、ハワイの緑が映えるアウトドアステージで行われます。

ザ・ロイヤル・ハワイアンのココナッツグローブを舞台に、著名なクムフラが厳正なジャッジを行う、格調高い競技会です。ハワイのハラウが行うカヒコのパフォーマンスやハワイアン・ミュージシャンの出番もあって、華やかな空気と音楽、日本とハワイのフラウが互いに洗練してきた演技で競演します。カテゴリーは年齢別、各部門2エントリー以上で成立となっていて、グループなら3名から参加可能。ソロなら年齢性別関係なしです。自分の演技を撮影したDVDを記念品として一枚貰えるので、後の練習にも活かせます。

エキシビションとしてホイケも開催していて、こちらは地元の人の前で気持よく踊れると評判です。フラを学び、楽しんできた人達が、日頃の成果を発表する晴れ舞台です。地元ラハウの出演やハワイアン・ミュージックのライブも行われるので、一日中フラ三昧を味わえます。

他にもワークショップやパーティも開催されていて、フラの楽しさ、その本質を全身で感じられる祭典になっています。公式ページにて、ホイケやコンペティション、ワークショップの様子を映した動画が配信されています。興味があれば、是非その雰囲気を感じてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=L8yqI56SAwg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です