フラダンスのダイエット・健康効果

沿って | 2020年5月1日

フラダンスの場合はゆったりした動きが多く、年配の方でもお子さんでも楽しむことが出来ます。フラのステップは動きに「ため」があるように構成されています。体重移動の方法に関しては太極拳のなめらかさと近い動きをしているとも言えるでしょう。

フラダンスは腰を落としたうえで背筋を伸ばして腰と手をゆっくりと動かします。このため、足腰や体幹のインナーマッスルをじっくりと鍛える効果があります。また、腰を落としているため、その優雅な見た目より運動量は多くて、1時間で約250カロリー前後を消費するといわれています。

フラダンスは息が切れるほど激しく動きませんが、じんわりと汗がにじむ程度の適度な有酸素運動です。適度な有酸素運動には、脂肪燃焼効果が有り、心肺機能の改善にも役立ちます。日本でも多くの方がメタボリックシンドロームや肥満で悩んでいる方がいます。そんな方にも気軽に始めて無理せず続けられるおすすめの健康法です。

フラダンスでよりダイエット効果を得たいのであれば、少し深めに腰を落とすと良いかもしれません。ただし、膝や腰を痛めてしまっては意味がありません。先生と相談しながら無理のない範囲でやってください。

なお、映画「フラガール」を見たことがある方はラストシーンで踊られた激しいダンスも気になるのではないでしょうか。あれはタヒチアンダンスでフラダンスではありません。タヒチアンダンスはアップテンポな打楽器のリズムに合わせて激しく腰を動かくダンスなので、それだけにフラダンスよりもダイエット効果は高いですが、高齢者やメタボリックの方には向かないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です