フラ教室の開講(5):生徒を集める

沿って | 2020年4月25日

生徒を集める

教室を開校したら、生徒を集める必要があります。そこで、生徒を集めるためにやっておきたいことを紹介します。

名刺やチラシ

教室を開校したら、まずは簡単に教室を宣伝することができるように名刺やチラシを作っておきましょう。踊っている写真やイラストなどを載せて、目指す世界観や大切なポリシーを伝えられるようにします。チラシ配りをする場合は、ポスト投函も良いですが、人の集まっているところで配るとより効果的に宣伝することができます。

ホームページやSNS

インターネットからでも教室のことを知ることができるようにホームページを作りましょう。ホームページでは、伝えたいメッセージを伝えるだけでなく、実際に踊っている姿やレッスン紹介を録画し、プロモーション用ムービーを作成して載せておくと、教室の雰囲気をよりリアルに伝えることができます。

そしてホームページを利用するならば、SEO対策といって、グーグルやヤフーなどの検索エンジンでキーワードで検索されやすいようにしておきましょう。

また、最近ではSNSが非常に充実しているのでtwitterやFACEBOOK、インスタグラムなどで教室のアカウントを作って宣伝することも大切です。利用するSNSが多いほど、サイトに人を多く集めることができます。

イベント

最後に、教室を始めたらお金を取って利益を上げることだけを考えてしまいがちですが、教室でボランティアをしたり、イベントで露店を出すなど、人の集まる場所で行動を起こすことで、関心を持ってもらうことができます。また、自分で参加無料のイベントを企画することで人が集まってきて教室に興味を持つきっかけにできますので、イベントも賢く利用しましょう。

フラダンスを習う生徒達はフラダンスの技術が習いたいだけではないはずです。そこで出会う先生や仲間の生徒たちと仲良くしたり、ハワイの文化に触れるなど、ダンスの他にも教室の価値を提供できるはずです。和気あいあいとした忘年会や打ち上げのイベント、フラダンス本場ハワイやタヒチなどの大会や旅行なども企画すると生徒を集めやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です