ステップ:カホロ(kaholo)

沿って | 2020年4月23日
https://www.youtube.com/watch?v=xxP2Oy57xHc

カホロは、基本ステップのなかでも左右に移動するステップです。ちなみに「歩く」という意味のステップです。

このステップはフラダンスのステップのなかでも最も使用頻度が高いです。そんなカホロの動きは、簡単に言うと、カオの動きを応用して、横移動が加わったステップになります。カオでは、足自体は動かしますが、移動することはありませんでした。しかしカホロでは右、左にと横移動をします。このステップのイメージは、カオの応用ということもあり、カオをしながら移動するといったイメージを持つとわかりやすいかと思います。そのため、カオの動きをしっかりできていれば、カホロも簡単に上達させることができるようになります。

そんなカホロの動きの詳細について紹介していきます。カホロでは、4拍子のリズムに合わせて移動するようにします。まずはカオと同様で基本姿勢からスタートし、右左どちらからでも良いのですが、左に移動するならまずは左足を一歩、右に移動するならまずが右足を一歩という形で、足を横移動させていきます。

そして、片足を動かした後は、次にそれについていくように(カオと同様に腰を使って)反対の足を、動かした足の方向に移動させます。それを2歩同じ方向に繰り返し、今度は反対の方向に2歩繰り返します。

この動きを4拍子×2回の8拍子の間に行います。そして、最後に先ほどカホロはカオと同じ動きすると言いましたが、カオとカホロの間で他にも異なる部分があります。それはカホロでは、かかとをあげるのではなく、しっかりと地面に足全体をつけるように動かすようにします(ただし、ハラウによってはつま先だけ地面につけるというルールのところもあります)。

これがカホロのステップの動きとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です