ステップ:クイ(ku’i)

沿って | 2020年4月23日

クイのステップは、いままで紹介してきたステップのなかでも基本ステップを組み合わせていない独特な動きのあるステップです。ただし、横に2歩移動するという意味では、カホロの要素のあるステップとなっています。

また、このステップの特徴は、床に足を打ちつけるようにステップを踏んでいくことです。そんなクイのステップの詳細な動きを説明すると、クイは、まず基本姿勢から入り、まず進みたい方向の足(右方向に移動するなら右足、左方向に移動するなら左足)を上げます。

そして、下ろす時に進行方向に対して少しずらして、足を床に打ち付けるように下ろしていきます。そして、次に反対の足を、最初にあげた脚の前をクロスするように脚を払いあげます。

最初のあげた脚の隣にくるように、反対の脚も少し進行方向に移動するように脚をそのまま下ろします。それを1回の進行方向に対して2回行います。進行方向が右なら右に2歩という形で左右の方向に同じことを繰り返します。

基本ステップにはない独特なステップなので、練習を始めてすぐは難しいと感じるかもしれません。しかし、クイのステップができるようになれば、カホロ以外のステップでも横移動をすることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です