タヒチアンダンスとフラダンス、どちらを始める?

沿って | 2020年5月1日

フラダンスとタヒチアンダンスのどちらを習うべきか悩む方も少なくないようです。フラダンスは基本的に正しい姿勢でゆったりと詩の意味を表現する情緒的なダンスで、タヒチアンダンスは激しいビートに合わせて腰回りを激しく動かす運動量の多いダンスです。

フラダンスとタヒチアンダンスのダイエット&健康効果

近年ではダイエットとしてのタヒチアンダンスに注目が集まっています。タヒチアンダンスは、見ての通り、激しく腰を動かす踊りが何分間も続きます。運動量は多く、特に腹筋や側近、股関節の周りの筋肉をしっかりと使用します。代謝が上がり、発汗効果も抜群です。腰やお腹、足など、身体の様々な部分が引き締まって女性らしいラインができあがります。

フラダンスの場合にはタヒチアンダンスよりも運動量は少ないですが、やや腰を落としながらも背筋を伸ばした姿勢で腰や手足をゆっくり柔らかく動かすので、インナーマッスルや体幹を鍛えることが出来ます。そのため、フラダンスではじんわりと汗をかきながら体幹を鍛えることができるというイメージです。

フラダンスとタヒチアンダンスの衣装

フラダンスの衣装として、ココナッツブラにひらひらのグラススカートをはいて、首からをレイをかけているという印象を持っている方も多いかもしれません。しかし、それは観光用のレストランショーなどで用いられる衣装で、どちらかというとタヒチアンダンスのスタイルです。

フラダンスのクラスでは一般的にTシャツにパウスカートで練習して、舞台の上でもムームーなどの露出の少ない衣装が一般的です。また、フラダンスは詩の意味を表現するダンスですので、身に着ける花や色、柄などにも意味を持たせていることが多いようです。

タヒチアンダンスでは腰の動きが重要になるので、レッスン中も先生から腰の動きが良く見えるように、フィットネスブラや身体にフィットしたティーシャツなどのトップスにパレオを合わせることが多いようです。舞台の上でもココナッツブラやビキニのトップスなど露出は多めで、腰の動きをより激しく見せるためのヒップベルトを付けることもあります。一般的にフラダンスよりも自由で、そのスタイルも年々移り変わっているようです。

ファッションを楽しみながら踊ることが出来るのもフラダンスやタヒチアンダンスの強みと言えるでしょう。こういった衣装は専門店での購入はもちろん、近年ではインターネット通販での購入も可能となっています。比較的安価で購入することが出来るので、ネット通販を利用しながらこうしたグッズを揃えてダンスを楽しむことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です