ステップ:ウエヘ(‘uehe)

沿って | 2020年4月23日
https://www.youtube.com/watch?v=IZ3lQA6JuSM

基本ステップのなかでも少し特徴のあるステップ「ウエへ」(もしくは「ウヴェヘ」)を紹介します。ウエへは簡単に言うと、ステップの間に両足の膝とかかとを同時にあげるステップです。カホロヘラのように足を移動させることはなく、その場で踏むステップです。ウエへはカオのステップの間に両膝とかかとをあげるステップが混ざったようなステップとなっています。

このステップも膝とかかとをあげる時に、頭や肩が動いてしまうことがありますが、他のステップと同様に、頭の位置が上下しないように意識しながらすることがポイントです。ウエへのステップの動きの詳細について説明すると、カオと同様に右足のかかとを上げている時に左足に体重が移動するように左に腰を振ります。

そしてあげていた右足を地面に付けると共に体重は体の中心に移動します。その際に、両ひざと両足のかかとを上にあげます。上げる時は膝が45度に前に出るようにかかとをあげます。その際ににO脚の形を作ります。そして、上げたかかとを下ろします。その後は、先ほどとは反対のかかとを上げ、体重を移動させていきます。

この流れで、左右に腰を動かす間に両足のかかとをあげるステップを入れて、左右交互にステップを刻む形になります。このステップは基本ステップですが、ハラウによってはできて当然ですよねという雰囲気で、使う頻度の高いカホロヘラに比べて練習が流されがちなステップです。

ウエへのステップはできるようになると、他のステップにも簡単に取り入れることができるようになり、他のステップの上達にも繋がります。そのため、個人的に何度も練習するようにしましょう。そんなウエへですが、始めてステップを踏んだ時はつま先がきつくて、安定しない事が多いです。綺麗なウエへのステップを踏める人はつま先立ちになった時でも安定しているので、安定しないうちは、安定するまで何度も練習が必要だということだと思ってもよいかもしれません。

また、安定していないと両足のかかとを上げている時に作るO脚の形を上手く作ることができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です